脳神経外科の実際

匿名さん

投稿日:2016/07/09 07:04

脳神経外科は花形で、急性期からリハビリまで幅広く学べる。
また、循環器や退院後の在宅看護についてなども同時に学べ、今後が展開しやすい。
と聴いたのですが、本当なのでしょうか?
脳神経外科に勤めている方のお話が聴いてみたいです。
また、脳神経外科以外の方のイメージ、外から見ての印象もお聞かせください。
よろしくお願いします。

001 匿名さん

2016/07/09 07:10

花形かどうか分かりませんが、学べることは多いです。入院から在宅についても幅広いですね。やりがいはとてもあります。

循環器いついては、学べるのかわかりません。どこかそういう病院があるんですかね。

002 匿名さん

2016/07/09 10:27

花形ってなんなんだか…。
医者ならともかく、ナースがやる仕事に花形もなにもないでしょう。

私は脳外で働いてますが、一体なにが花形なのか…。
介助も大変、観察事項もたくさん、予後がいい人ばかりじゃない、働き盛り、若い患者さんはご家族も必死だからこちらの対応も大変、認知症、せん妄多数、ステも多いし。

003 匿名さん

2016/07/09 12:15

イメージや印象を聞くのは何かのリサーチでしょうか?
本当に働きたい方はこういう聞き方はしませんよね…。
考えすぎかしら。

004 匿名さん

2016/07/09 17:26

>003 匿名さんさん
>> イメージや印象を聞くのは何かのリサーチでしょうか?
>> 本当に働きたい方はこういう聞き方はしませんよね…。
>> 考えすぎかしら。


別にネットで聞いても良い事だと思います
ネットでのリサーチも必要
こーゆーことまで契約違反ですか?w

005 匿名さん

2016/07/09 17:58

介護度高いから大変そうなイメージ

006 アムロジピン

2016/07/09 19:10

脳神経外科で働いていました。
覚える事も多く、力仕事も多く、仕事も短時間に多くの事をこなさなければならなく物凄くキツかったです。
やる事が多すぎるので、患者さんとじっくり関わりたい方にはオススメできません。ですが、処置や医学知識はかなり身につくと思います!
あと、ちなみに、もちろん、脳血管疾患の方が多いため、血管が細かったり、脆かったり、あとは肥満体型の人が多いため採血や点滴が難しい患者さんが多く、採血の腕が上がると思います。

007 匿名さん

2016/07/09 21:49

ジャングルにいる気分になれますよ

008 匿名さん

2016/07/10 00:05

>007 匿名さんさん
>> ジャングルにいる気分になれますよ


わかります!
動物園なのかってなりますよね笑

009 匿名さん

2016/07/10 00:44

まったく花形ではないです。

本当に動物園のようです。

010 匿名さん

2016/07/10 23:47

くそ暑いしね…

011 匿名さん

2016/07/11 00:18

夜勤で一人ぐらい拘束抜けて這いずり回ってる人いませんか?うちだけかしら?

012 匿名さん

2016/07/12 16:25

経験したことないですが大変そうなイメージです。
体力的にも精神的にも。

013 匿名さん

2016/07/19 17:52

私も現在新人で脳外科のHCUで働いていますがほんとにしんどいです(泣)

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

フリートーク トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!