ミスが多すぎる

匿名さん

投稿日:2020/02/08 19:47

1年目の看護師です。優しくて頼もしい先輩方に囲まれていて、今とてもしあわせです。
ですが、私はミスをおこしすぎてしまいます。月に3回のペースで投与忘れなどのミスをおこしてしまいます。
点滴の指示抜けがないよう受け持ち患者さんの点滴を4回チェックする。内服薬の効能と時間、管理方法を調べ記入する。指示を受ける時間を指定してチェックする。点滴は計算間違いがないよう2回計算する、投与調節の時に不足がないようにひとつひとつ確実にする
振り返ってどうすればいいか考えてひとつひとつやってきました。でもそのたびに間違いをしてしまいます。指示受けチェックだけでも6回やっているのに抜けます。甘い考えであるのは分かっています。自分に原因があるのは分かっているのですが、今後どうすればいいのかわかりません。
皆さんはどのくらいチェックすればミスがなくなりましたか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

11件中 1~11件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2020/02/08 20:11

チェックは、「回数」が問題なのでしょうか。
チェック方法は、どのようなものだったのでしょうか。

方法が間違っていたら、何度やっても同じ事を繰り返してしまうと思います。

ミスをしてしまったときの状況、パターンも詳細がわからないのでなんとも言えませんが問題が明確でないので対策は、妥当にならないと思います。

もう一度、先輩や上司と問題解決の分析をしてもいいのかもしれませんね。

002 匿名さん

2020/02/08 20:18

なぜミスが起きてるかを振り返らないと、いくら回数こなしても意味ない。

003 匿名さん

2020/02/08 20:22

記入してる紙がどういうものだか分かりませんが、1枚の紙に情報を書きこみすぎて、結局大事な情報を見逃してしまってミスにつながっているのでは?
点滴だったら患者の名前、薬剤の内容(何の薬が何gか)、投与する時間、投与速度、投与方法(末梢かCVか、終了時は生食ロックか、側管からいくのか等)を紙に書きます。
薬剤の作用副作用は違うメモ帳にまとめていきます。
患者さんに投与するときにこれらを確認したら紙に記入したところにチェックをつけたり、上から線を引いていきます。
やるべき内容が線を引くことで減っていくので、あと何が残っているのかがわかりやすいです。
あとは、紙に書くときに、患者の基本情報や一般指示は黒ペンで、点滴は赤ペンで、吸入や点眼などの点滴以外の処置は青ペンで、検査は緑ペンで書くなど、ルールを決めて色分けして書くと、全部黒字よりも分かりやすいです。

004 匿名さん

2020/02/08 20:29

主なミスは投薬抜けですか?
なぜ抜けるのでしょうか。
点滴があるということを忘れる?他のことに気をとられて投与時間を過ぎている?抜ける原因は一つではないので、なぜ自分は抜けてしまうのか、一日の行動や考えを振り返るといいですよ。
計算の確認とか投与調節の確認とか、一つ一つ丁寧にチェックするのはとてもいいと思いますよ。ですが、その全てを何度も繰り返し確認するのは正直時間の無駄かと。貴方がいつもミスしてしまうところを何度も確認するようにした方がいいですよ。全ての過程に同じウエイトを置くと、どれが本当に大事なことなのか分からなくなります。参考書だって、全ての文章に線を引いていたらどこが重要ポイントか分からなくなるのと同じです。

おすすめはタイマーを使うことです。タイマー自体をかけ忘れていたら意味がありませんが、タイムスケジュール管理が苦手な人や処置忘れが多い人には効果があると思います。

005 匿名さん

2020/02/08 20:37

>001 匿名さんさん
>> チェックは、「回数」が問題なのでしょうか。
>> チェック方法は、どのようなものだったのでしょうか。
>>
>> 方法が間違っていたら、何度やっても同じ事を繰り返してしまうと思います。
>>
>> ミスをしてしまったときの状況、パターンも詳細がわからないのでなんとも言えませんが問題が明確でないので対策は、妥当にならないと思います。
>>
>> もう一度、先輩や上司と問題解決の分析をしてもいいのかもしれませんね。

本当に情けない投稿にコメントしてくださりありがとうございます。もともとの情報収集の時点で抜けることが多いです。なので一度収集した情報をまた確認するようにしています。分析が甘かったのかもしれません。上司ともそうだんしてみます。ありがとうございました。

006 匿名さん

2020/02/08 22:41

>005 匿名さんさん

>> 本当に情けない投稿にコメントしてくださりありがとうございます。もともとの情報収集の時点で抜けることが多いです。なので一度収集した情報をまた確認するようにしています。分析が甘かったのかもしれません。上司ともそうだんしてみます。ありがとうございました。


001でコメントしたものです。
情報収集の時点で抜けることがわかっているのは、とてもいいことだと思います。
今度は情報収集でどんな項目が抜けやすいのか考えるといいかもしれませんね。
それと、情報がぶつ切りになってませんか?
どの情報も患者さんに繋がっています。
どんな病気でなぜその治療をしているのかや、なぜ医師はこのような指示を出したのか。
これらのことがちゃんと繋げて考えられるといいと思います。

必要だとちゃんと理解できると忘れることも減ってくるかもしれませんよ。

最初はみんな1年生で、色んなミスもたくさんしました。
今は偉そうにこんなこと言ってますが、かつての自分が先輩に教わったことです。
まだまだ、これからですよ。お互いにがんばりましょうね。

007 匿名さん

2020/02/11 15:32

>002 匿名さんさん
>> なぜミスが起きてるかを振り返らないと、いくら回数こなしても意味ない。

返信が遅くなってしまい、すみません。コメントありがとうございます。
原因がはっきりしない時もあるので、作業が煩雑になっているのかもしれません。自分の行動に責任を持つよう丁寧さを忘れず仕事したいと思います。

008 匿名さん

2020/02/11 15:34

>003 匿名さんさん
>> 記入してる紙がどういうものだか分かりませんが、1枚の紙に情報を書きこみすぎて、結局大事な情報を見逃してしまってミスにつながっているのでは?
>> 点滴だったら患者の名前、薬剤の内容(何の薬が何gか)、投与する時間、投与速度、投与方法(末梢かCVか、終了時は生食ロックか、側管からいくのか等)を紙に書きます。
>> 薬剤の作用副作用は違うメモ帳にまとめていきます。
>> 患者さんに投与するときにこれらを確認したら紙に記入したところにチェックをつけたり、上から線を引いていきます。
>> やるべき内容が線を引くことで減っていくので、あと何が残っているのかがわかりやすいです。
>> あとは、紙に書くときに、患者の基本情報や一般指示は黒ペンで、点滴は赤ペンで、吸入や点眼などの点滴以外の処置は青ペンで、検査は緑ペンで書くなど、ルールを決めて色分けして書くと、全部黒字よりも分かりやすいです。

返信がおそくなりすみません。コメントありがとうございます。
色分けするのはあまりやったことがなかったです。わかりますくまとめる工夫が必要ですよね。今後試してみます。

009 匿名さん

2020/02/11 15:37

>004 匿名さんさん
>> 主なミスは投薬抜けですか?
>> なぜ抜けるのでしょうか。
>> 点滴があるということを忘れる?他のことに気をとられて投与時間を過ぎている?抜ける原因は一つではないので、なぜ自分は抜けてしまうのか、一日の行動や考えを振り返るといいですよ。
>> 計算の確認とか投与調節の確認とか、一つ一つ丁寧にチェックするのはとてもいいと思いますよ。ですが、その全てを何度も繰り返し確認するのは正直時間の無駄かと。貴方がいつもミスしてしまうところを何度も確認するようにした方がいいですよ。全ての過程に同じウエイトを置くと、どれが本当に大事なことなのか分からなくなります。参考書だって、全ての文章に線を引いていたらどこが重要ポイントか分からなくなるのと同じです。
>>
>> おすすめはタイマーを使うことです。タイマー自体をかけ忘れていたら意味がありませんが、タイムスケジュール管理が苦手な人や処置忘れが多い人には効果があると思います。

コメントありがとうございます。とても分かりやすい例えでハッとしました。何度も繰り返し確認しすぎてかえって情報が乱雑になっていたのかもしれません。数分後に抜けることもあるので、タイマー積極的に活用していこうと思います。

010 匿名さん

2020/02/11 15:46

>006 匿名さんさん
>> >005 匿名さんさん
>>
>> >> 本当に情けない投稿にコメントしてくださりありがとうございます。もともとの情報収集の時点で抜けることが多いです。なので一度収集した情報をまた確認するようにしています。分析が甘かったのかもしれません。上司ともそうだんしてみます。ありがとうございました。
>>
>>
>> 001でコメントしたものです。
>> 情報収集の時点で抜けることがわかっているのは、とてもいいことだと思います。
>> 今度は情報収集でどんな項目が抜けやすいのか考えるといいかもしれませんね。
>> それと、情報がぶつ切りになってませんか?
>> どの情報も患者さんに繋がっています。
>> どんな病気でなぜその治療をしているのかや、なぜ医師はこのような指示を出したのか。
>> これらのことがちゃんと繋げて考えられるといいと思います。
>>
>> 必要だとちゃんと理解できると忘れることも減ってくるかもしれませんよ。
>>
>> 最初はみんな1年生で、色んなミスもたくさんしました。
>> 今は偉そうにこんなこと言ってますが、かつての自分が先輩に教わったことです。
>> まだまだ、これからですよ。お互いにがんばりましょうね。

返信してくださりありがとうございます。情報がぶつ切りでバラバラに捉えてる、とは上司にも言われました。患者さんの治療がされている理由、ケアがされている理由についてちゃんと理解していれば、必要だと思って忘れることはないと。その通りだと思います。バラバラに捉えるのではなく、全体を見て行動する必要がありますよね。まだできるのは先のように思えますが、思考錯誤しながら頑張ります。ありがとうございました。

011 匿名さん

2020/02/14 18:16

理論的に考えて、根拠がわかって動くのが看護師だけど、1年目はとりあえず業務をこなす事しか考えられないんじゃないかな?と思います。

自分が記憶するのに、記憶しやすい方法とか気がついてますか?
認知特性って聞いた事ありますか?
聴覚優位者、言語優位者、視覚優位者と分けられてる様です。

私は自分のクセというか、自然と写真みたいな画像の様に記憶したり、映像の様に記憶するのが1番簡単に早く確実に覚えられるんです。
だから技術を覚える時も、教えてもらってる場面を記憶して、その場面や物品の乗ったカートとか、思い出す時にそのまま思い出すんです。
メモもとるけど、忘れた時にメモ見たら思い出す感じです。
マニュアルも見るけど、例えばシリンジって文字で覚えるより、頭の中でシリンジを思い出し記憶した方が楽なんです。

タイムスケジュールなら、例えば羅列して書くより、円グラフで書いた方が覚えられる人もいたりします。
円グラフで内容で色分けして、業務内容書き込むとか。
棒グラフみたいな感じで、時間軸をかいて上部に業務内容を書くとか。

あとは私がやってたのは、自分がわかりやすい業務表を作りました。
項目を作ってしまい、当日に記入だけできる様にしたり。
当日空白で目障りなら、×マーク書いたり。
出来る様になるまでは、コピーしてました。
トピ主さんみたいなら、項目に加えてチェックする所も作って、うめていくのはどうかな? チェックが無ければ、やってないとわかるかも?

色分けは必ずしてます。時間で動く事は赤で書くとか決めて。
他の方と同様にタイマー使ったり。
薬の作用、副作用は私は、小さなメモ帳にまとめて持ってました。

自分が覚えやすいやり方とか、方法が見つかると楽ですよね。
何か参考になれば。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

11件中 1~11件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

新人看護師 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

“米”ガーゼ?! 医療用語のカン違いあるある|看護師の本音アンケート

思わず赤面!間違って覚えてたコトバ…あなたにもある? [ 記事を読む ]

【新情報追加】新型コロナウイルス・看護師のためのQ&A

後日、感染者とわかった患者をケアをしていた看護師は「濃厚接触者」になる?なったらどうすればいい? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1628
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1483
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1395
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1269
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1091
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
750
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2961

◆救急看護の問題◆以下のショックの分類と原因疾患・病態の組み合わせで間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック-アナフィラキシー
  • 2.心原性ショック-心タンポナーデ
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック-緊張性気胸
  • 4.循環血液量減少性ショック-脱水
今日のクイズに挑戦!