経管栄養について質問です。

匿名さん

投稿日:2019/11/17 13:14

バックの先端にアダプターを先につけてから、ルートの方に接続する理由はなんですか???

考えてもわからないので教えてください。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/11/17 13:58

アダプターうちでは使ってないです。
使う理由ってどんなことがあるんですか?
考えたことなかったです

002 匿名さん

2019/11/17 16:07

病院によって使っているものが違います。
主が使っているものが分からなければ、何を言いたいのかも分かりにくいです。

003 匿名さん

2019/11/17 16:34

加圧式って事?それとも点滴と同じ落下式って事?なに使っているの?それにさあ、なんで現場の先輩に聴かないの?知ったかぶりしたいのかしら?

004 匿名さん

2019/11/18 13:32

うちは経管やるのにアダプターなんてものは使用してないけど何の意味があってアダプターを使うんでしょうね。
先輩には聞けないんですか?
何故つけるか分かる?って質問なんですかね。

005 匿名さん

2019/11/18 14:57

ラコールの半固形に使うアダプタですか?
ペグのルートにアダプタつけて、そこにつけて使う方がめんどくさそうだけどな…
栄養にアダプタつけて、ペグにつけた方がスムーズだと思う。なんでかとかかんがえたことなかったな〜

主さんは、ペグに付けてからやりたいの?

006 匿名さん

2019/11/18 17:52

自由だよやり易いとか。
物が患者さんの個人所有なのか、病院施設持ちなのかでも違ったりして。

007 匿名さん

2019/11/18 20:17

F2ショットにアダプタつけてからルートにつないでます
栄養剤のフタを開けて代わりにアダプタはめるのが単純にやりやすいし自然な手順なので
アダプタを先にルートにつける人って見たことないけどきちんと接続されてりゃどっちでもいいのでは

008 匿名さん

2019/11/18 20:56

個人的には操作のしやすさだと思います。

例えば、先にエクステンションチューブとシリンジや栄養剤が接続されていたほうが、そうじゃない方法と比較して、患者さんのベッド上での操作が少なくなり、患者さんの時間的負担も、ベッドが汚染される危険性も少ないと考えます。そして、チューブ内に白湯や薬液や栄養剤を充填できるので、エアの注入量も少なくなると思います。

また、加圧バッグのアダプタにしても、手元で栄養剤と接続しておいたほうがしっかり固定できているので、注入時は患者さん側と接続した部分を一カ所だけ保持すればよく、操作性も良くなると思います。

主さんの知りたい内容の具体性がイマイチなので、想像でコメしました。悪しからず。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

フリートーク トピック一覧へ戻る

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1310
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1236
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1133
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1141
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
838
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
522
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5057

◆整形の問題◆腓骨神経麻痺の予防として正しいものはどれでしょうか?

  • 1.安静時は外旋位を保持する。
  • 2.足関節の背屈運動をチェックする。
  • 3.下腿を抑制する。
  • 4.踵部を挙上させておく。
今日のクイズに挑戦!