地域包括の外来勤務です。

匿名さん

投稿日:2019/11/12 16:13

育児が落ち着いたので数年のブランクで働き出しました。
個人病院の外来なのですが、その病院が長い人には重要な仕事をさせ、転職組には診察介助が主です。
地域包括病院ということもありますが、今の外来は特にその病院が浅い人が私くらいで、あとは病棟から移動してきたり、転職でも5年から8年いる人ばかりです。

師長と主任は内科の診察介助なんて看護師の仕事じゃないといいながら、わたしはほとんど内科の診察介助しかつけてもらえません。
今までは急性期病棟で働いていました。
輸血や検査などの経験もあるのでつけるのですが、やらせてもらえません。
検査たけでなく、処置室や救急対応も主任と勤務が長い人ばかりで、私は月に3日ほど。

前の師長は処置などにはどんどん入っていきなさい!と言ってくれ、輸血や処置室まんべんなくつけてくれてましたが、今の師長に変わってからそのような形になり、うまくいえませんが上下関係というか、仕事にランク付けされているような感覚を感じます。

診察介助も大切な仕事なので精一杯やっていますが、師長のそういう価値観が悲しいです。
師長は話を聞いていると人の好き嫌いがはっきりしたタイプで、私の前いた病院をボロクソに言っていたり、わたしは多分師長の嫌いな要素があるのだと思います。

何かご意見、アドバイスください。
よろしくお願いします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/11/12 16:21

業務内容で給料に差でもあるんですか?
それで大して給料に差がないなら良くないですか?

002 匿名さん

2019/11/12 19:47

私も001さんと同意見です。
うちは外科系で、診察介助の方が指示受けして検査や処置を外回り看護師に指示したり、新患を医師に振り分けたり、主治医が外来にいないときにどの医師に最新患者をお願いするか考えて割り振ったり。
とにかく忙しい外来でいかに早くまわせるかなど経験が必要なので私は診察介助のリーダーになることはありませんでした。
任された方が嫌です。次回受診の予約や、会計に回すまでの伝票処理。翌日の準備までリーダーはかなり遅くまで残業しています。
私はバイトだったせいもありますが指示された注射や検査の介助に入るだけで動きははでですが難しいことはなかったです。

業務内容の違いや、得て不得手もあるでしょう、
あまり嫌われてるなど悪い方に考えない方がいいですよ。
ブランク明けならゆっくり仕事になれていけば良いと思います。
ハードな仕事を振られたらそれはそれで嫌われてるとか思いませんか。
なんでわざわざ大変なことしたがるのかなー。輸血なんて緊張感必要な処置は避けた方がいいのに、疲れたら育児もできませんよ。
のんびりいきましょうよ。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
755
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者827

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!