処置のためのヘパリンの一時停止の方法

匿名さん

投稿日:2019/09/09 10:32

ヘパリン置換をされている患者さんが処置のために一時停止ヘパリン置換を6時間ほど中断し、処置の3時間後出血がないのを確認再開する場合について。
シリンジポンプを用いているためヘパリンを早送りし陽圧ロックし、ルートは繋いだままでシリンジポンプの電源はOFFにしました。
しかし、この方法だけでよかったのでしょうか?
ロックはしていますが体動時にボーラス注入などのリスクを考えてシリンジポンプからルートを外しておくことや、チューブクランプを使用するなどをするべきだったのでしょうか?
病棟の先輩に確認するとロックでいいと言われましたが不安になったため皆様はどうされているのかアドバイスをいただきたいです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/09/09 10:53

トピ主です!
訂正:ボーラス注入→サイフォニング現象です(>_<)

002 匿名さん

2019/09/09 15:01

トピ主さんのおっしゃるとおり、サイフォニング現象の事を考えると患者さんのラインからシリンジを完全に外した状態が安全と思います。何らかの原因でシリンジポンプから押し子が外れてしまうことも考えられます。シリンジポンプの電源も落としている状況ですので、押し子の外れをポンプ自体が感知できない状況です。このためサイフォニング現象が発生したとしても最後まで誰も気付けません。もう一度先輩のおっしゃるロックの意味を聞いてみるのも良いかもしれませんね。  

003 匿名さん

2019/09/09 19:46

ロックはしているんですよね。
どのように?

念には念をならば、はずしておくのが一番ですが、
つけたりはずしたりつけたりは不潔になりやすいです。
何を優先か私もわかりません。

004 匿名さん

2019/09/09 21:51

>003 匿名さんさん
>> ロックはしているんですよね。
>> どのように?
>>
>> 念には念をならば、はずしておくのが一番ですが、
>> つけたりはずしたりつけたりは不潔になりやすいです。
>> 何を優先か私もわかりません。

ロックがわからないのに絡む人…

005 匿名さん

2019/09/09 22:19

先輩にはその方法を目視確認してもらいましたか。
確認してもらってるならいいけど、
そういう意味ではなかったということもあるから。

006 匿名さん

2019/09/09 22:27

>004 匿名さんさん
>> >003 匿名さんさん
>> >> ロックはしているんですよね。
>> >> どのように?
>> >>
>> >> 念には念をならば、はずしておくのが一番ですが、
>> >> つけたりはずしたりつけたりは不潔になりやすいです。
>> >> 何を優先か私もわかりません。
>>
>> ロックがわからないのに絡む人…

自分は質問に全然関係ない所で絡んでんじゃん。
あんたの方がおかしいよ。

007 匿名さん

2019/09/10 00:03

患者に一回接続したものを、一回はずして置いておく。
それを数時間後にまた繋ぎ直すって、やるかな。
新しいものをつくって繋ぐような。

想像すると感染防止としていいのか?
高カロリーの点滴バッグを、入浴のためにロックしてはずすってことはするから同じか。と自問自答。

008 匿名さん

2019/09/10 00:51

不安なら、聞くだけじゃなく聞いた先輩にみててもらえば良かったじゃん

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

患者さんから“深い話”を打ち明けられたとき…。あなたならどう受け止める?

【マンガ】大切な人が死ぬとき~私の後悔を緩和ケアナースに相談してみた~(12) [ 記事を読む ]

点滴静脈内注射が血管外に漏れたら、どうなるの?

どんな症状が起こるか、どう対応すればよいか解説!観察ポイントがひと目でわかるイラストも紹介! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

病院でお正月にちなんだ特別なことをした?

投票数:
1468
実施期間:
2020年01月03日 2020年01月24日

2020年の抱負教えて!

投票数:
1357
実施期間:
2020年01月07日 2020年01月28日

インフルエンザにかかったら、有休?欠勤?

投票数:
1283
実施期間:
2020年01月10日 2020年01月31日

あなたの病院で成功した画期的な「働き方改革」はある?

投票数:
1208
実施期間:
2020年01月12日 2020年02月02日

実録!? 私はこう太った!!!!

投票数:
1175
実施期間:
2020年01月14日 2020年02月04日

チェックしてる「勉強垢」ってある?

投票数:
708
実施期間:
2020年01月17日 2020年02月07日

あなたが作り出した「自分史上最低の料理」は?

投票数:
586
実施期間:
2020年01月21日 2020年02月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5241

◆がん看護の問題◆Cさんは40歳代の営業職の仕事を行っている男性です。非小細胞肺がんと診断され、「今後も仕事を継続しながら治療を行いたい」と話しています。
Cさんの治療は、抗がん剤であるビノレルビン酒石酸塩+シスプラチン療法を行うことになりました。
今後、骨髄抑制の副作用が予測されるCさんに対してどのような説明が必要でしょうか?

  • 1.抗がん剤投与から1週間は特に貧血に注意して生活をしてもらう。
  • 2.治療期間中は感染を防ぐため、仕事を控えるように説明する。
  • 3.血小板の減少は抗がん剤投与後3週間程度で起こるが、その時期は、自分で気づきにくい内出血に注意するよう説明する。
  • 4.白血球は抗がん剤投与後7~14日程度で最低値となるため、特にこの期間は感染に注意が必要である。
今日のクイズに挑戦!