乳児への綿棒浣腸について教えてください

匿名さん

投稿日:2019/07/15 21:32

ご覧いただきありがとうございます。
小児科クリニックで働いて1年になる者です。

乳児の患者さんに綿棒浣腸(綿棒刺激)をする機会があるのですが、なかなかコツが掴めません。
現時点では、綿棒の膨らみ部分を半分程度入れて、肛門を広げるように刺激し、乳児がいきむ様子があれば腹部を圧迫するようにしています。
排便の反応がある時もあれば、ベッドに寝かせた時点から泣かれてしまい、全く反応が得られない時もあります。

生理現象ですし毎回成功といかないのは分かっていますが、上手くいかない時が多い事と子育て経験もない事から手技に自信が持てず、何かアドバイスを頂きたくトピックを立てさせて頂きました。
小児科の看護師さん、子育て経験のある看護師さん、コツなどありましたら教えてください。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/07/15 23:12

綿棒のふくらみ半分?
乳児と言っても月数でサイズは違いますが1〜2cm入れます。

お腹を押さなくてもたいてい出てきます。
クリニックの先輩や医師にに直接見せてもらって指導を受けてください。
潤滑剤も使ってますよね。

002 匿名さん

2019/07/16 08:57

小児科、子育て経験ありです。

綿棒の先にワセリンやオイルをつけて、綿棒の膨らみ全体〜膨らみ付け根くらいまで肛門内に挿入します。肛門内をゆっっくりとぐるぐる刺激します。そうすると自然にいきんでくれますよ。あまり早く動かしたり、強く刺激すると痛がったり出血するので注意です。

003 匿名さん

2019/07/16 12:36

トピ者です。
コメントありがとうございます。

当院では潤滑剤としてヌルゼリーを使っています。
今までは綿棒の膨らみ部分0.5cm程度を挿入し肛門の入り口を左右に拡げていたので、刺激が不十分だったように感じました。
肛門内をゆっくりと刺激するつもりでやってみます。

教えて頂きたいのですが、刺激する時は左右に拡げるというよりは、円を描くようにぐるぐる、、というイメージでよろしいのでしょうか??

004 匿名さん

2019/07/16 16:02

私はくるくる派ですが、そこまで力入れないです。
最初の文に「肛門を広げるように」とありますが、肛門の中に入った綿の部分で中の壁を刺激する程度、という気持ちで大丈夫です。
あと赤ちゃんのお腹は圧迫しないほうがいいですよ。

005 匿名さん

2019/07/16 18:30

トピ主です。
コメントありがとうございます。

クリニック独自の方法ではなかなか上手くいかないので、こちらで教えて頂いた方法でやってみます!
うんち出てー!という気持ちではなく、もっと優しい気持ちで綿棒刺激をしてみます。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1324
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1250
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1147
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1159
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
869
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
574
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7249

◆整形の問題◆腓骨神経麻痺の予防として正しいものはどれでしょうか?

  • 1.安静時は外旋位を保持する。
  • 2.足関節の背屈運動をチェックする。
  • 3.下腿を抑制する。
  • 4.踵部を挙上させておく。
今日のクイズに挑戦!