問題のあるスタッフへの対応について

匿名さん

投稿日:2019/07/10 14:04

患者さんへの暴言、病院の備品の私物化、同僚への悪口などなど…
患者さんからのクレームも数しれず。

問題行動の目立つスタッフへの対応に苦慮しています。

上司に相談したら、一応面接や口頭で指導はしてくれるのですが、一向に問題行動は改善されません。
上司からも、あとは私達スタッフが、その都度指導を重ねていくしかないといわれる始末です。

スタッフへの教育指導は仕事の一貫とはいえ
職員教育以前に、人としてというところからの指導は仕事の範疇を超えていると思いませんか?

みなさんの勤務先では、こういった問題行動のあるスタッフへの対応はどうされているのでしょうか。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/07/10 15:44

上司の責任です。

002 匿名さん

2019/07/10 17:52

トピ主さんでの困ったことはクレームが自分に言われて対応困難って事ですか?自分にも気分悪くなるような事言われて辛いのですか?

003 匿名さん

2019/07/10 19:22

自分よりも年上?年下だったら、目に余る行動は注意するかな。その人の行動が他のスタッフに浸透する可能性があるから。
でも上司はきつく注意できないと思います。そういう人って自分のことを棚にあげてパワハラだのなんだの言いそうだから、腫れ物のような存在じゃないのかな?

004 匿名さん

2019/07/12 18:01

私も最近、同じ問題で上司へ報告しました。一人で悩んでいたのですが、上司も理解してくれて、気持ちが楽になりました。でも、解決には至っていません。これから、徐々に改善していける様、自分も何かしらの方法で働きかけていこうと思っています。

005 匿名さん

2019/07/12 20:05

>001 匿名さんさん
>> 上司の責任です。

同感(^-^)

006 匿名さん

2019/07/13 08:34

先輩達の行動や言動にかなり問題がある場合は?

007 匿名さん

2019/07/15 21:08

部署の管理者に報告する、さらに上の管理者にも報告する。

法令に接触するようなことなら、放置して見ないふりしていたら後々自分がしていなくても同じ部署の人間だから同類にされて、自分の責任問題になったり、看護師人生に傷を作ることになり、自分の身も危うくなりますよ。

なかなか改善されないのは、注意されている人間の考え方が注意している人と違うからではないでしょうか?
例えば、ちょっとぐらいいいじゃない?とかね。

私はこれが積もって申告した結果、部署のみんなには扱いにくい人間扱い、私は倫理的におかしいことを認めて信念が捻じ曲げられ自分がおかしくなる前に脱出する予定です。仕事を続けても何のメリットがないからです。

もちろん解決なんて程遠い。そういう職場は、新しい人来ても続かないし、同じ価値観ではない人間を排除してしまい、仕事のレベル(患者対応)も最低レベルに。

人を変えることは難しいから、部署も1人の力では変えられないから、染まってしまう前に自分が変わる(離れる、辞める)しかないように思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1284
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1020
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
870
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
376
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者714

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!