聴覚情報処理障害 APD ADHD ?

匿名さん

投稿日:2019/06/27 07:04

初めまして、この春から入職した新人看護師です。

申し送りやカンファレンス、電話対応、経過の長い話などを聞き理解することが難しく断片的にしか捉えることができません。

そのため病棟全体の状態やカンファレンスで患者の状態を把握することができていないため、業務に支障をきたしたり、議事録が書けないこともあります。

また患者様との会話や状態観察をしても、カルテ記載する際に忘れてしまうことも時々あります。

日常会話や個別で出された指示などは聞き理解することができるのですが、早口で話す場面や長話しになるとどうも頭がついていきません。私自身聞く気持ちがないわけではなく聞こうとしているのですが…

この状態を検索すると聴覚情報処理障害やADHDなどが出てきて自分も当てはまるのではないかと思っています。

人間関係もよく続けていきたいと感じる職場なのですが今後、耳からの情報が抜けていく私に看護ができるのか、看護師が務まるのか不安です。


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
皆様や、皆様の周りに似たような方がいらっしゃったら是非お話を聞かせてほしいと思います。

001 匿名さん

2019/06/27 10:32

私はとにかくその場でメモしてるかなー
後は慣れだよ!慣れてくると一度に処理する情報量が減るからか頭に残る量は増えてくる!
そんなに重く考えないでできることやればいい

002 匿名さん

2019/06/27 10:36

私も電話は不安だから常にメモして最後にもう一度会社名と名前を教えてもらい、復唱してますよ。
そういうのはしてますか?

うちはカンファではなくミーティングがありますがノート作ってそれに書き留めてますよ。私はそういう疾患は持ってませんが忘れちゃったらまずいからメモは必ずしてます。

疾患は持っていてもまずは自分なりにやりやすいように工夫してそれでも改善が出来ないなら看護職はどうしようかって考えた方がいいんじゃないかな。

003 匿名さん

2019/06/27 10:44

心配なら、専門の病院を受診しましょう。

004 匿名さん

2019/06/27 10:54

自己診断せず、専門医に診断してもらいましょう。
慣れていない用語や緊張で理解できなかったり頭に入らない、働きだして3ヶ月でだから、まだまだあるとは思うけど。
頑張って下さい❗️

005 匿名さん

2019/06/30 15:55

私も同じようなものがあります。人の話を聞く理解が苦手、聞いていてもいつの間にか意識が外れてます。患者から「さっき言ったでしょ」と言われる。周囲が私がそのような人と認識されました。自分でも私自身気をつけないとと意識するようにしました。昨年、40~60代のところに転職しました。恵まれているのか抵抗なく同じ事でも質問できます。勿論、時間に追われる職場でないからかもしれません。辛さは環境によって違うのかな?

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

新人看護師 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1289
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1304
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1184
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1041
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
905
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
514
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4751

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!