働くママナースさんの職場

匿名さん

投稿日:2019/05/14 15:09

子育てをしながら働くママさんが、どのように働いているのか・どのような働き方があるのか知りたく、質問させて頂きました。
子供ができて働き方を変えた方のお話が聞きたいです。
①働き方を変えた(出来れば具体的に)
②働く場所を変えた(場所はどちらでしょうか)
③そのメリット・デメリット
について教えてください。

私自身は、急性期の病院で働いていましたが、出産後残業や勉強会などで中々帰れない事などが原因で、定時で終われる療養型の病院へうつりました。
メリットやデメリットは転職したばかりのため、まだ分かりません。

お時間のある方、回答宜しくお願いいたします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/05/15 02:39

子持ちナースですが、現在は事情により退職してしまいましたが、出産前に働いていた病院はほとんどが子持ちのスタッフだったので参考になればと思い、回答します。

①復帰するつもりだったら日勤のみで週4位かなと思っていました。
小さいお子さんがいるスタッフは
日勤週4勤務の人、途中から夜勤始めた人(月に2回位)、
常勤で夜勤も普通にやっている人(親か義親と同居?)、
育休明けは日勤、数ヶ月したら夜勤開始した人、
育休明けで1ヶ月は日勤、その後は夜勤も開始(小学生、幼稚園、0歳の3人)の人、
様々です。

②私は子供出来た時のことも踏まえて前もって転職したのですが...精神科病院(どちらかと言うと施設寄りの)に転職しました。

③朝は申し送り開始前までに行けば良いし(申し送りで全患者さんの送りがあるので事前の情報収集しなくていい)、残業もほとんどないので定時。保育園があるし、夜間保育もやっているのでやりたい人は夜勤も出来る。子持ちナースがほとんどなので、子供の発熱などでの早退や突然の欠席もOK。みんな理解してくれるので途中で帰ってもあとは任せて、お互い様って感じです。
妊娠中も業務内容を変えてくれたり、体調不良で突然の欠席や早退でも嫌な顔をされることはありませんでした。
奥さんが妊娠中で入院していたドクターもいましたが、上の子の保育園の為に途中で抜けたり、産休取ってましたし、妊娠中のドクターも受け入れた?みたいで理解のある職場だったように思います。
デメリットは...医療行為が少なくなったので普通の病院に戻れるか...などと言ったことで、子持ちや妊娠中での働きにくさに対してはあまりなかったかも...。


子供が出来て働き方を変えた人ではなくてすいません。

002 匿名さん

2019/05/15 09:00

>001様
色々教えて頂き、ありがとうございます(^^)
参考にさせて頂きます。
確かにママさんナースが沢山働いていた方が、皆さん協力して下さる事が多いですよね。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

子育て・家庭 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1401
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1279
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1157
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
887
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
649
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2183

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!