留年してしまいました。

匿名さん

投稿日:2019/03/21 06:14

看護大学に通ってる2年生です。
恥ずかしながら、2単位落としてしまいもう一度2年生をやることになりました。
前期しか落とした授業がないため、後期は学校に行きません、そんな時どのような勉強をしていればいいでしょうか、やはり2年生の時やった授業の復習などをやっておけばいいものなのでしょうか。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/03/21 07:07

そうですね、今での振り返りをした方がいいと思います。
あとは自分がどの分野が苦手なのかを分析して克服をした方がいいですよ。

002 匿名さん

2019/03/21 08:53

実習以外の単位なら、べつに3年生対象と限定されてない科目を履修すればいいんじゃないかな?せっかく授業料を払ってるんだし。

003 匿名さん

2019/03/21 09:33

多くの大学のカリキュラムは何年生でどれを履修するかが厳密に決まってると思いますよ
何年生でも取れるような自由選択の専門講義はうちにはありませんでした
卒業要件を超える大量の教養単位ばかり取っても仕方ないですし

004 匿名さん

2019/03/21 10:52

お金貯めて同期と長期休暇に遊びに行けるようにしておいた方がいいかもですね。
あとは時間あるときに国試の過去問やっておけばいいですよ。
国試期間中に余裕が出るって本当に気持ち楽になるので。

005 匿名さん

2019/03/21 13:35

今年度一年間お疲れさまでした。

自分も留年の経験があります。その期間、解剖、疾患を振り返りしてました。あとは、余裕があればバイトとかすれば良いと思います。

国家試験の問題とかやれば良いと思いますよ。

006 匿名さん

2019/03/26 23:14

今年度まさに質問者様と全く同じ状況で留年していました。ちなみに私は三年制なので4月から毎日実習です(^^)


私は前期は留年した科目を死ぬ気で勉強しました。絶対テストで満点とる!!という意気込みで。結果、満点ではありませんでしたが満点に近い点数をとりました。こんなバカな私でもきっちり勉強すればできるんだ…と思いましたし、解剖学なども自然に身につきました。


後期はバイトと国試の必修問題と遊びに全力を注ぎました!自分で勉強しなくてはいけないので、模試を目標に頑張りました。一人だと私はサボるので、学校の図書館で勉強したり、アドバイザーの先生に月一で近況報告してました〜。

この時期、同期が進級して自分だけ…という気持ちになって辛いかと思いますが、ある意味今転んで良かったかな〜って私のときは思いました。人生のうちのたった数年。頑張りましょう(^^)

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護学生・国試 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1130
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1032
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
928
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3032
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3266

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!