今後の人生、看護師を選ぶか否か

匿名さん

投稿日:2019/02/17 22:08

看護師を続けるかどうか、本気で悩んでいます。
現在うつ病と向き合いながら何とか生きています。上手く纏まらず、長文になってしまいましたが最後までお付き合いください。
20代前半は全く違う職業で働いていましたが、自分で思うところがあり一念発起し看護師になりました。看護の仕事は好きです。患者さんのもとい一人の人間として接し、様々な人生を見てきました。
自分は患者の為に、もとい病気と闘う人の為に看護をしたくてこの世界に入りました。
ただ現実はそう上手くは行かないんだな、というのも同時に見てきました。今思えば自分は職場で浮いていたように思います。
これまでずっと重症心身障害児を相手に看護をしてきました。ご存知の方多いかと思いますが喋れない心身障害児ばかりですので、少しでも聴こえない声を聴きたいと思い誰よりも多くラウンドをしていました。勿論基本的な業務はこなした上でです。
それに、年齢的にも遊び盛りでしたので暇さえあれば遊び相手になっていました。
子供たちからは一番話しかけやすいと言われ、嬉しく思ったものです。
ただ周囲の目は今思えば冷ややかでした。
きっと暇そうに見えたのでしょう。何かと業務を押し付ける人もいました。看護の在り方で口論だってしたことあります。あまりにぞんざいに患者さんを扱う職員を注意したこともあります。上にも何度相談したことか…。でも環境は変わりませんでした。余りにも目に余る行為が続き、改善も見られないので内部告発をしたことがあります。自分の事を理解してくれる人は何人か居ましたが、環境に慣れず、また周囲の人たちについて行けず転職していきました。
当時の私には、患者ファーストではなく、自分の利益ファーストで動く人達なのだと強く思ったのを今でも覚えています。
結局私はその環境に耐えに耐えて、耐えすぎて頑張り過ぎて鬱になり退職し、現在に至ります。
可能なのであればまた看護をしたい、という気持ちもあります。ただ、あんな思いをするくらいならいっその事看護の世界から離れた職業につくのも一つの生きる術なのかなとも考えたりします。
看護師としてまた新たな道を歩むのか、はたまた別の職業で一念発起するか、または別の生き方を選択するか…様々な方から様々な意見を伺いたく投稿させて頂きました。ご意見お待ちしております。

23件中 4~23件を表示

最初から20件

全コメントを見る

004 匿名さん

2019/02/18 00:18

>003 匿名さんさん
>> 001さん
>> 申し訳ありません、早計なのだ。というのは理解しましたが、そこから先何をお伝えしたかったのか推察するしかありませんでした。

ただ1度の経験で看護の世界をまるまる否定して「あんな思いをするくらいならいっその事看護の世界から離れ…」と飛躍する必要があるんですかということです。看護師として働くにも違う環境もあれば違う価値観・違うスタンスもあります。それ以上はご自身で考えることだと思います。

あと「お伝えしたかった」ってのは敬語の使い方がヘンです。
私があなたにお伝えしたかった/あなたが私にお伝えになりたかった(伝えてくださりたかった) かと。

005 匿名さん

2019/02/18 00:43

投稿主です。
004さん
ただ一度…ですか。正直心外ですが有益な批判として受け止めておきます。
敬語云々に関して本当は深く聞きたいですけど、話の流れが逸れるので自分で調べてみますね。現代文についての話では有りませんし。

006 匿名さん

2019/02/18 01:08

看護師として働く事はいいと思いますが、トピ主さんの考え方を少し変えないとやっていけないかなと思います。

私も何度か職場を転々としていますが、どこの職場にもいろんな人がいます。
トピ主さんのように患者のためを思って患者第一に考える人、家庭が優先だから定時で上がろうと効率第一の人、疲れるのが嫌だから最低限の仕事をする人…等々。
これらの人全員に「もっと患者に寄り添った看護を」と強要する事は無理です。
お互いに重点を置いている場所が違うから。

看護の職場で働くのであれば、様々な価値観を持つ職場のスタッフとうまく付き合っていく方法を考えなければなりません。

主さんが今のまま、看護の職場で働く場合またうつ病を再発する可能性は高いと思います。

007 匿名さん

2019/02/18 13:13

難しいですよね。自身が抱く理想の看護とはかけ離れている現実。どうにかそういった現状を変えたくて動いたこともありますが、上手くいかずモチベーションが下がってると自分でも感じてしまうことも多々ありました。まずは自身の体調を整えて、その上でもう少し看護の世界で頑張ってもらえたら、同じ世界で働く私として嬉しいかななんて思います。無理はなさらずに。

008 匿名さん

2019/02/18 20:41

今の居場所が嫌なら色んな選択肢ありますよね〜
他人と過去は変えられないので、自分が変るしかないですもの

・自分の理想の病院・病棟を探し求めてアチコチの派遣ナースをやってみる
・自分の看護観を前面に押し出した在宅小児やデイサービス等の開業看護師になる
・カウンセリング等で自分の看護観や他者評価を見直してみる
・看護免許以外の資格があるなら、看護師免許や経験を生かした他の職業で自分の理想を実現する(キャビンアテンダント等)
・新しい自分になるために更に別の資格を取得する勉強を始める
等々いかが?

ただ、ナースを辞めると大半は給料が下がる様です。(モチロンそうじゃないケースもありますが)
開業するにはコネとお金とノウハウが必要になります。
それと学生になるなら、当面の生活費だけでなく、学費や受験料もかかりますし、健康保険も国保になります。税金は前年の給料金額から算定されますので、収入が無くても例え死んでも請求は来るし、年金や生命保険等もあります。
そういう金銭的な問題が大丈夫かどうかは見極めないとならないです。
そして、主さんにとって一番大事なのは『転職すれば自分に起きている問題は解決するのか』だと思います。

まずは鬱を治療されている病院で、よくカウンセリングされる事をオススメ致します。お大事に。

009 匿名さん

2019/02/19 08:09

いろんな人がいろんな事情でこの仕事をしているなかで、資格を持ってそこにいるだけで、皆が皆、ナイチンゲールやマザー・テレサの心意気でそこにいるかというと違いますよね。あなたのように、強い気持ちでおられることの方が、珍しいものだと思います。私もそれなりの経験をした上で感じています。

今のような硬いスタンスのまま、他の仕事をされたとしても、おそらくそこでも許せない何かを見つけてしまいそうですね。
仕事に対する思いというのは、人が変われば変わってきて当然ですよね。あなたがいかに熱い気持ちを持っていても、他の人にそれを求めるということは、そもそもが不可能なことなのです。そんななかで看護の質を一定以上に保つためにマニュアルがあるのですから、個人で介入出来るとすればマニュアルやシステムまでですよね。

仕事は何でもいいのです。看護の道に進もうが、別の職種に進もうが、あなたが資格を取ったことを後悔さえしなければいいと思います。ただ今はまだ、どの仕事をするにしても難しいと思われます。
私も仕事をしているなかで、いろいろなことを思いますし、されますし。腹の立つこともあります。そういうものにいちいち反応していても疲れるだけなので、これだけは、というもの以外は反応しないようにしています。
皆、どの仕事の人もそうだと思いますよ。だれもが満足しながら仕事できるなら、病気の人はいないでしょうし、看護の世界だけが苦しいのならうつは看護の世界だけの病気でしょうしね。同僚や上司、先輩後輩、クライアント…様々な人間関係がありますから。

相手の気持ちになって考えることは大事です。その対象を広げてみられてはどうでしょうか。あなたが理解できなかった人も、何も悪意だけで出来ているわけではなく、自分と同じ人間なんですよ。

010 匿名さん

2019/02/19 10:35

009さんに非常に共感しました。
人間だもの。ですね。

主さんは変えられない現状にとてもストレスを感じてしまったのですよね。私も似たような経験がありますが、おそらく主さんよりずっといい加減なので大丈夫でした。

よかれと思う看護ができないとき、看護がスタッフ間で継続できないとき、たくさんありました。私たちの仕事は最低ラインがあるのでそれさえしてれば大丈夫と考えて仕事をする人も当たり前にいます。

自分だけがすればいいと思ったこともありましたが、やっぱり医療はチームワークなのでそうはいかないですよね。ただ、エビデンスがありそれが本当に良いことなら正しいことなら、正しい方法で周りを巻き込むやり方があるのかもしれません。研修会とか勉強会とか看護研究とか、発表してそれをルーチンに組み込むとか。

一つ言えるのは看護師が楽しい仕事だと1割でも思えたならきっと主さんは看護師に向いていると思います。仕事が楽しいって最高ですよね。人生を楽しむことでもあると思います。

無理をしない範囲でできる仕事を楽しめる仕事を探すのでもいいと思います。私は主さんと一緒に働きたいです。

011 匿名さん

2019/02/19 13:01

自分が基本的な業務を行っていたと自負していても、あなたが子どもたちと遊んでいる間思わぬところで他の看護師がフォローしていることもあると思いますよ…。

012 匿名さん

2019/02/19 13:09

社会人から看護師になりました。

世の中の仕事は給料が発生するということは利益があるからです。ないのはボランティアです。

しがらみのない仕事はないです、看護介護よその仕事、どこにも利益優先は経営のために必要です。

疲れないパートか派遣の普通の仕事して
趣味でボラとして看護したら?

013 匿名さん

2019/02/19 13:12

勝手に熱く看護して現実に打ちのめされて鬱になって休んで辞めて復職とか

治療して治してから
世の中をちゃんとわかってから仕事したら?

また同じことを繰り返すだけ

どこいっても

他人変えるより自分を変えるしかない

014 匿名さん

2019/02/19 22:05

投稿主です。
休んでいる間に投稿が増えている…ありがとうございます。
006さん
そうですね…完璧主義な所があると思います。考えを変えなければ確かにまた悪化させそうです。少しずつ、変わっていけたらなと思います。

007さん
ありがとうございます。理想と現実はそううまく行きませんね。理想が多分高すぎたのだと思います。

008さん
転職して問題が解決するか…ですか。確かにそうかもしれません。現在主治医やカウンセラーの方と今後の生き方について色々と相談に乗って頂いている最中です。確かに看護から離れれば給料は下がるでしょうが、命には変えられないなと思います。自分にとって何が大切なのか、良く考えたいと思います。

015 匿名さん

2019/02/19 22:20

009さん
相手の気持ちに立って考え、視野を広げる…ですか。自分が思った以上に狭かったのでしょう。たしかに自分はマイノリティなのかもしれません。しかも周りのことが気になり過ぎてしまう性格なので余計ですよね。必要以上に気にしない。大切だなぁと思います。

010さん
自分には勿体無いお言葉、ありがとうございます。
そうですね、確かに医療はチームワークですよね。集団行動が苦手なのかな…自覚は無いですけど…。看護は楽しいです。でも今は戻ろうという気持ちが中々戻ってきません、不思議なことに。もうちょっと自分の気持ちと向き合ってみようと思います。

011さん
子供にとって遊びは必要なのでは?もしかしたら自分でやったと思って、後でフォローされていた、て事はあったかもしれません。確認の仕様はもう無いですが。あと、起承転結の結が抜けていると何を仰有りたかったのか不確実なので、申し訳ありませんが意見を汲み取ることが出来ませんでした。

016 匿名さん

2019/02/19 22:32

012さん
組織、法人で有る以上、慈善事業とは決して行かないのは重々承知しています。それは医療機関に限った話ではありませんし。
しかし、その書き方ですとまるで、パートや派遣が疲れないとでも言いたい様な感じに受け取れます。パートや派遣であっても組織にとって大事な人材なのではないでしょうか。正社員と同様利益を生んでくれる大事な人材であるはず。それとも、パートや派遣をモノとしか見ていないんですかね。
あと、ボランティアは趣味だと書いてありますが、ボランティアの人に失礼ではないでしょうか。趣味でボランティアなんて到底出来ませんよ。利益を省みず他者のために動いてくれる人ってそうそう居ないと思いますし、貴重な存在じゃないですかね。中には勘違いしているボランティアの方もいるかもしれませんが、少なくとも他者のために何かできることは無いかという思いで動いてくれる貴重な存在だと、私は思いますがね。

017 匿名さん

2019/02/19 22:42

>013 さん
>> 勝手に熱く看護して現実に打ちのめされて鬱になって休んで辞めて復職とか

さぞかし高尚な看護人生を送られてきたのでしょうか。きっと、精神的にも身体的にも完璧にコントロールできる超人なんでしょうね。

>> 治療して治してから
>> 世の中をちゃんとわかってから仕事したら?
>> また同じことを繰り返すだけ

貴方はよく世の中の事をご存知の様だ。さぞかし豊富な社会経験をお持ちの方なのでしょう。

>> どこいっても
>> 他人変えるより自分を変えるしかない

他人を変えるというのは困難というか無理なものですからね。自分を変えると言葉にするのは物凄く簡素ですが、実行するのは凄く大変な事のように今の自分では思ってしまいます。

018 匿名さん

2019/02/19 22:55

他の仕事から看護師になってまたやめるの?

繰り返せばいいんじゃないですか?

青いとり症候群

019 匿名さん

2019/02/19 23:01

自分が患者の家族なら
ちゃんとチームワークの保てる
健康な人に看護して欲しいと思います。

ご自分の病気治癒に専念なさったらいかがでしょうか。
そんなに辛いのならば。

020 匿名さん

2019/02/19 23:41

>018 さん
>> 他の仕事から看護師になってまたやめるの?
>> 繰り返せばいいんじゃないですか?
>> 青いとり症候群
さぞかし完璧で充実した人生を歩まれたようで。
それに、批判は大いに結構ですけど、貴方のそれはただの非難です。混同している人本当に多いですけどね。

021 匿名さん

2019/02/19 23:55

019 さん
>> 自分が患者の家族なら
>> ちゃんとチームワークの保てる
>> 健康な人に看護して欲しいと思います。
>> ご自分の病気治癒に専念なさったらいかがでしょうか。
>> そんなに辛いのならば。
現状、不思議なことに仕事をしたいとミリも思えない状況です。悲しいことにね。

なんでしょうね、019さんを責めるわけでは無いのですが、精神疾患って本当に理解されないんだなってつくづく感じます。病気で働けないって本当に苦しいんですよ。身体的にも精神的にも、経済的にも。何もどこの誰かわからない自分を理解しろなんて烏滸がましい事は言いませんけど、日々患者さんを看ている人達から心無いコメントが飛ぶとつくづく残念に思うものです。

022

2019/02/20 05:37

コメント主により削除されました

023 匿名さん

2019/02/21 00:01

私も鬱で休職し、そのまま別の病院に転職しました。そこは私の状況も理解してくださっていたのですが、重度の認知症の患者さんに見えないところで暴言・暴力を振るう現場、そしてそれを見て見ぬ振りや一緒になって笑うスタッフ… スタッフ間の人間関係は良かったのですが、対患者の関係が最悪で、戦っていく気力も無く…また退職してしまいました。
鬱で職場を離れると、社会から取り残されているような不安感、もう職場に戻れないのではないか、生きてる意味があるのか…沢山考えてしまいます。
休職中は、しっかり休まなくてはならないのは分かっていても、休職手当だけでは生活も苦しいので焦って就職して失敗しました。もう、病棟は怖いです。
私は春から全く別業種に転職します。
何が正しいのか分からないけど、今も病院という空間に行くと心拍数が上がり、手が震え、吐き気がします。このような状態で看護師としてはとてもではないですが働けません。本当は看護師として働きたかった。頑張りたかった。でも身体と心が拒絶してしまいます。

本当に精神疾患は理解が得られにくいです。そして、一度なってしまったら長いです。この苦しさとうまく付き合っていく方法を探したいです。

解答でも何でもありませんし、文章も全くまとまりありませんが…主様も焦らず、共に生きやすい方法を探していきましょう。

23件中 4~23件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

フリートーク トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1113
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
770
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
992
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
949
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
635
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者232

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!