看護師をしながら妊活

匿名さん

投稿日:2019/02/17 17:35

昨年結婚して今年から子作りを始めた30代前半の看護師です。
まだ子作りを始めて間もないですが、年齢的なものもあり子どもが出来るか不安になってきました。

みなさんは働きながら、どのくらいで妊娠しましたか?

今大学病院に勤めているのですが、クリニックか大学病院で受診しようか迷っています。

アドバイスよろしくお願いします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/02/17 18:07

悪いこと言わないから、看護師の掲示板で聞かないほうがよろしいかと。

002 匿名さん

2019/02/17 19:43

私も同じく30代前半の病院勤めで妊活中です。
まだ妊娠には至ってませんが...
以前妊娠時の時のことですが、妊活二ヶ月目でできました。その後は激務で流産してしまったのですが、その時は基礎体温と排卵日検査薬とルナルナアプリの排卵日予測を使い妊活に至りました。
今は夜勤を減らし、同じ方法で妊活中の4か月目です。
夜勤とストレスは大敵ですね。
半年しても妊活できなかったら、婦人科に受診する予定です。ひとまずは卵管造影やってみようかなと考えています。

003 匿名さん

2019/02/18 21:26

うんまずは夜勤減らすかやめて、基礎体温だね。
受診しても基礎体温持ってくる様に言わますよ。

004 匿名さん

2019/02/19 18:39

子供、子供って妊娠に執着するとなかなか出来ないものですよ。
出来たら良かったくらいに考えて行かないと。

005 匿名さん

2019/04/20 21:56

>002 匿名さんさん
>> 私も同じく30代前半の病院勤めで妊活中です。
>> まだ妊娠には至ってませんが...
>> 以前妊娠時の時のことですが、妊活二ヶ月目でできました。その後は激務で流産してしまったのですが、その時は基礎体温と排卵日検査薬とルナルナアプリの排卵日予測を使い妊活に至りました。
>> 今は夜勤を減らし、同じ方法で妊活中の4か月目です。
>> 夜勤とストレスは大敵ですね。
>> 半年しても妊活できなかったら、婦人科に受診する予定です。ひとまずは卵管造影やってみようかなと考えています。


妊活中の通りすがりの者です。
卵菅造営は希望すれば簡単に行ってくれる検査なのでしょうか(医者の指示とかではなく、ある程度先の予約となるような検査なのかどいうか。)
そろそろギネに相談かなと思っているので、教えていただければ幸いです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで同年代ナースとおしゃべり♪

「他の病院はどうなんだろ?」そんな疑問もお互い話せるチャンス♡ [ 記事を読む ]

血圧測定のときに注意するべきことは?

血圧測定はナースにとってキホンの仕事。だからこそ注意しておきたいポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

病院で好きな場所はどこ?

投票数:
1300
実施期間:
2019年05月03日 2019年05月24日

自分が描いていた理想の看護師になれている?

投票数:
1113
実施期間:
2019年05月10日 2019年05月31日

【新人限定】「配属先、いつ決まった?」

投票数:
769
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月04日

ケアの優先順位(多重課題)で困った経験はある?

投票数:
991
実施期間:
2019年05月14日 2019年06月05日

看護書や医学書で見かける表現で「これどういう意味?」なものある?

投票数:
948
実施期間:
2019年05月17日 2019年06月07日

伸び悩んでる新人、どうやって褒めてる?

投票数:
634
実施期間:
2019年05月21日 2019年06月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者228

90歳代男性、脳血管障害で加療後、肺炎で入院しました。自力で体位変換できず、看護師による体位変換をしています。栄養は経鼻経管栄養です。あなたは、この患者さんの保清中に上腕の皮膚裂傷を発見しました。この患者さんに適していないケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.皮膚裂傷を生じているため、皮膚・排泄ケア認定看護師に相談をし、創傷処置を一緒に行う。
  • 2.創傷ケアを行い、体位変換時は四肢を支えながら行った。
  • 3.スキンケアを見直し、皮膚の保湿を重点的に行った。
  • 4.患者さんの栄養について管理栄養士に相談した。
今日のクイズに挑戦!