アクシデントのあとの対応について

匿名さん

投稿日:2019/01/03 19:25

同僚が点滴の投与間違いをしてしまいました。患者さんには間違えたことは言えず、点滴の内容を患者さんに聞かれたのでそのことについて説明したそうです。Drに報告し点滴の薬効から身体に影響はないと思うがこまめに状態観察をするよう指示を受けたそうです。この対応についてどのように思いますか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2019/01/03 20:14

>>患者さんには間違えたことは言えず、点滴の内容を患者さんに聞かれたのでそのことについて説明したそうです。
というのは患者が不審に思って質問してきてはじめて「実は間違ったものを投与した」と同僚が説明したって話ですか?

私の勤務先ではダブルチェックをすりぬけて点滴間違いがおこったことはこれまでないのですが、何らかの事故起こった場合は基本的に患者と家族に対して役職者から経緯と対応を説明する流れですね。スタッフの個別判断での説明はかえってトラブルを招くことが以前にあったので、連絡対応は役職者からと現在は統一しています。ただし重度認知症などであきらかに状況や説明を理解できなかったり不穏を招きかねない患者の場合は本人に対して詳細な説明をしないことはあります。

そもそもあなたの職場ではダブルチェックはしているのか、ダブルチェックが機能しているのかも問題ですね。
医師の指示についてはごく普通の内容だと思います。

002 匿名さん

2019/01/03 20:17

そもそも、投稿主さんの考えは?
アクシデントは自分が起こす可能性だって「ない」とは言いきれないんだよね。自分の考え、ほかのスタッフの考えがあって当然だと思うけどね。

003 匿名さん

2019/01/03 20:27

事故発生時の報告経路について職場ルールはないんですか?

004 匿名さん

2019/01/03 21:19

患者に間違えた事実を言わず誤魔化したことに、倫理的な問題があると考えているのですよね。
事故を起こした当事者以外は同じ気持ちですよ。
それを声に出して言えない辛さがありますよね。
でもちょっとした事故でも病院の存続の危機が出る、患者の不安増強から症状が悪化する。
自分の倫理を貫くことが最善の結果になるとは限らないんです。

005 匿名さん

2019/01/04 00:41

>002 匿名さんさん
私はその場では言わなかったという対応は間違えていなかったと思います。患者さんも不安になるし、下手に当事者が説明するとトラブルになりやすいと思ったので。しかし、その同僚が先輩方から患者さんの気持ちを考えていない、みんなと迷惑をかけているなどと言われており第三者の目線でみるとどう思うのかなと思い投稿しました。

006 匿名さん

2019/01/04 01:10

点滴の内容を患者さんに聞かれたのでそのことについて説明したというのは、間違いを説明したということではなくウソをついて誤魔化し通したという意味なんですか?

007 匿名さん

2019/01/04 09:49

IAレポートは書かないけど秘密裏に進めて策を講じたということですか?医師には報告しているし友人も知っているということは秘密裏でもないですね。
事故をしたらまずは上司に報告することが大事なんで、医師に報告して医師の指示のもと患者に不安や不信感を与えないように薬剤の説明をしたのですかね?
まずは、ミスの原因となった理由を考えていかないと。
IAレポートを書いて振り返ることが大事ですね。
相手を糾弾することは良くない。
責めたところで個人批判に終わるだけで生産性がない。
職場の文化や風土的な価値観にもよりますが、閉鎖的な職場であったとしても、全国的にIAレポートを書くのは等しく浸透しているし。
IAレポートか出てから振り返れば?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1275
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1114
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1089
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1012
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
890
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2161
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者224

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!