大学病院のイメージ

匿名さん

投稿日:2018/12/11 13:34

看護師3年目です。
そろそろ転職を視野に考えてます。
大学病院は学歴や上下関係の差別が
あるイメージですが実際はどうでしょうか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/12/11 18:03

採血や点滴は研修医がやるから技術よりも看護研究など教育の面に長けてるイメージです。

002 匿名さん

2018/12/11 18:10

上下関係はどんな職場にもあると思いますが、大学病院特有の差別というのはいったいどういうイメージを持たれているんでしょうか?

003 匿名さん

2018/12/11 21:06

看護師は上下関係はあまり厳しくないです。
自分は男ですけど、体育会系の会社からきたのではっきり言えます。
そういう意味では凄く甘い世界で助かってます。
今は大学病院ですが、教育は凄いです。
気が強い人ももちろん大学病院にも沢山います。
でも前みたいに、殴られそうになったり、高圧的に攻めよられたり、飲みの席で無茶ぶりされたり、家にまで押し掛けられ大変だったりということはなく本当に楽です。
どこが厳しいとかではなく、看護師事態が楽です。
なので気持ち楽に転職してもいいと思います。

004 匿名さん

2018/12/11 22:09

>003 匿名さんさん
>> 看護師は上下関係はあまり厳しくないです。
>> 自分は男ですけど、体育会系の会社からきたのではっきり言えます。
>> そういう意味では凄く甘い世界で助かってます。
>> 今は大学病院ですが、教育は凄いです。
>> 気が強い人ももちろん大学病院にも沢山います。
>> でも前みたいに、殴られそうになったり、高圧的に攻めよられたり、飲みの席で無茶ぶりされたり、家にまで押し掛けられ大変だったりということはなく本当に楽です。
>> どこが厳しいとかではなく、看護師事態が楽です。
>> なので気持ち楽に転職してもいいと思います。


いやそれは前の職場がおかしかっただけなような…

005 匿名さん

2018/12/14 02:36

救急や消化器や呼吸器などの周術期は上下がはっきりします 領域によってそこは変わると思います どうしても生命維持が促迫しているような領域では 精神的に尖った人が多くなる傾向にあると思います

006 匿名さん

2018/12/14 13:05

>002 匿名さんさん
>> 大学などの出身によってパシりに利用されたり、上から目線だったりするイメージです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

せん妄はどうやって予防する?発症したらどうする?

せん妄の発現や重症化を抑え、せん妄期間を短縮するには,原因に対する迅速な管理が重要です. [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1315
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1247
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1129
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
987
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
953
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日

一番好きな看護業務は?

投票数:
480
実施期間:
2019年03月26日 2019年04月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者222

介護施設に入所している80歳女性。重度の認知症があり自室のベッドのそばで倒れているところを発見されました。ベッドからの転落が疑われます。前頭部挫創部を圧迫止血された状態で病院到着となりました。意識はあり、指先は動かせますが肘は曲がった状態です。以下のうち、看護師のあなたがとるべき対応として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.最終健在時刻・発見時刻を施設職員から聴取し、転倒の原因についてのアセスメントを最優先に行った。
  • 2.頸椎・頸髄損傷の可能性を考えて、全身の神経学的所見や呼吸形式を観察した。
  • 3.退院後は転落のリスクを考えて、抑制帯を使用して再発防止策をとるように施設職員に伝えた。
  • 4.退院後はベッドからの転落防止のため、必ず施設職員の目の届く部屋にし、常に患者さんに付き添いを行うように施設職員に伝えた。
今日のクイズに挑戦!