一般問題の勉強方法を教えてください。

匿名さん

投稿日:2018/12/04 00:34

108回国家試験を受験する専門学校の3年生です。
先日業者模試をやったのですが結果が悲惨すぎて
撃沈しました⤵️必修問題は8割以上点数が取れて
いたのですが一般問題がほぼ出来ていなくて
状況設定と合わせて5割しか取れていませんでした。
午前・午後と全体の正答率はボーダーラインにも
達していない50%でした...
来年国試を受験するのに残り後2ヶ月しかなく、
刻々と本番は迫ってきているというのにヤバい。
このままでは国試に落ちてしまうかもしれないと
焦って勉強をしていますが不安で仕方ありません。

一般問題が大の苦手なので国試本番までに
少しでも得意になれるようにしたいと私自身も
思っています。何回も繰り返して過去問を
解いてる方法で今勉強をしていますが、
何か他に工夫している勉強方法があれば
教えていただきたいです...!!(;_;)

  • 前のページへ
  • 次のページへ

3件中 1~3件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/12/04 00:48

過去問で問われているメジャーな疾患を一から勉強してからもっかい問題といてみな。
消化器だったら大腸がんとか、精神だったら統合失調症て具合に。50%の得点率だったら多分基礎ができてない。聞かれるポイントは決まってるから急がば回れで大事なところを固めたほうがいいよ。
2ヶ月ちゃんとやれば大丈夫。

002 匿名さん

2018/12/04 01:28

逆に、なんでそんなに間違ってしまったのでしょうか?

勘違いして読んでいたとか、読み間違えて正答に辿り着けなかったとかということもあります。そういうミスを減らすにはどーしたらいいか自分なりに考えましょう。
問題を二度読んでみるとか、問題文や選択肢のところの間違っているところに線を引くとか、ミスしないための対策は色々とあります。

検査値、統計、母性のように暗記勝負のところは、できていますか?
他の方も言っているように、重要な疾患をおさらいすると、自信になると思いますよ。

003 匿名さん

2018/12/10 18:05

一般問題をとるためには、まず解剖生理などの基礎的な所の地盤を固めましょう。そうすると、この疾患はこの部位が障害されるから、こういう症状が起きる、だからこんな治療が必要になる、と繋がっていきます。
そして、解剖生理の基礎をきちんと理解していれば、必修も確実に点数が取れるようになってきます。
頑張ってください(*^^*)

  • 前のページへ
  • 次のページへ

3件中 1~3件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護学生・国試 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1424
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1442
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1293
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1146
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1108
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
927
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
492
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者231

静脈栄養についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.人工呼吸器管理を余儀なくされるような集中治療室に入院している重症患者では、早期から静脈栄養を開始するべきである。
  • 2.静脈栄養では高エネルギーの投与が容易であるため、侵襲により代謝が亢進し、エネルギー必要量が増加する時期には適している。
  • 3.急性期における静脈栄養のエネルギーの投与量は、過剰栄養(overfeeding)の回避を念頭に決定されるべきである。
  • 4.静脈栄養を行う際は、どのような患者さんでも中心静脈より投与を行う。
今日のクイズに挑戦!