シリンジポンプがある場合の側管からのワンショット

匿名さん

投稿日:2018/08/09 04:50

本体に①生食、側管からシリンジポンプで②ニカルジピンがつながっている。そこに、③オメプラゾールと④オメプラゾール前後フラッシュ用の生食の指示が追加された場合について、②のニカルジピンは止めてから④フラッシュすれば良いのですか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/08/09 08:29

ニカルジピン投与しているということは血圧管理が必要なのではないですか?
なぜオメプラを投与するという理由だけで高圧薬を止めてもいいと思うのですか?
また、ニカルジピンが投与されているルートで生食をフラッシュしたら血圧はどうなると思いますか?

002 匿名さん

2018/08/09 10:40

上の方も仰ているように、仮にニカルジピンを止めてもフラッシュしたらルート分一気に入って一気に血圧下がります。
カテコラミン類も同様です。非常に危なく、死に直結する可能性もあるのでルートがなければ新しく末梢取るなどしてivしてください。

003 匿名さん

2018/08/09 10:53

恐ろしい…何のためのシリンジ

004 匿名さん

2018/08/09 14:32

怖い怖い!
別ルートとりなよ。

005 匿名さん

2018/08/09 19:26

もうワンルート取るべきですね。
ニカルジピンに生食がいってるのは静脈炎予防のためです。側管から何かを投与できるようにするものではありません。また、ニカルジピンはルート内にも残留しているため、フラッシュすると急速投与になるので絶対にしてはいけません。
以上から、もうワンルート確保しオメプラ投与した方がいいです。

006 匿名さん

2018/08/10 08:59

二股ルート使ったらダメなの?

007 匿名さん

2018/08/10 09:47

>006 匿名さんさん
>> 二股ルート使ったらダメなの?

Y字管のことですか?それもルート内の薬液が押されてしまいます。

008 まっちゃん

2018/08/11 21:40

お疲れ様です。
疑問に思ったということは、ルート分が押されて血圧下がるかも。。と思われたのですよね。
何も思わずにivする子もいるのでいい気付きですね。
(何年も前ですが、新人がKCLをivしたので)

不安なことは、まず先輩に確認。
もしくは主治医に。
ivすれば自分の直接のミスですし、患者さんの生命を左右します。
また自分を守ることも常に念頭に置いて、看護処置にあたってくださいね。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1084
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1087
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1139
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1024
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
988
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
801
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
531
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3493

Bさんは独居の80歳代男性です。発熱のため、精査入院となりました。既往歴は糖尿病で、持参薬は3種類でした。担当看護師が、Bさんの持参薬を確認し、持参薬確認報告書を作成して主治医に提出しました。主治医からは、糖尿病治療薬を中止し、インスリンスケール対応とする指示を受けました。担当看護師は、Bさんの認知機能が良好であったことから持参薬の自己管理は可能であると判断しました。そこで、Bさんに糖尿病治療薬の服用中止を口頭で伝え、持参薬を自分で管理してもらうことにしました。その2日後、担当薬剤師がBさんに服薬確認したところ、服用中止のはずの糖尿病治療薬を現在も服用していることが分かりました。今後のBさんの服薬管理について、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.Bさんにもう一度服薬指導をする。
  • 2.自己管理は中止し、看護師管理とする。
  • 3.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は付箋を貼って分かるようにした。
  • 4.Bさんにもう一度服薬指導をし、中止した薬は看護師が預かった。
今日のクイズに挑戦!