いつもイライラしてる看護師

匿名さん

投稿日:2018/07/13 23:18

私の病棟にはいつもいつもイライラしてる先輩がいて、周りに当たり散らしています。イライラしてもどうもならない、イライラしたところで忙しいのが変わるわけではないのにイライラしてると一緒に働きたくなくなります…
そんな時、皆さんはどう対処してますか

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/07/14 00:03

関わらないし、近寄らない。
自分の仕事をする。ナースコール取りまくってなるべくイライラ看護師の近くに居ないように、顔を合わせないようにします。ただそのイライラ看護師の担当のナースコールは極力取らないようにします。何かあったら当たり散らされるのが嫌だから!

002 匿名さん

2018/07/14 00:48

どんな相手にもイライラして当たり散らす人に、有効な関わり方というのはないそうです。
できる限り距離を置き、関わらないことが最適だそうです。
確か「ゲーム分析」だったかな…

003 匿名さん

2018/07/14 06:02

わかります。患者さんにも結構見られてて、怖がられてそうです。

人は人です。仕事で必要な時以外は関わらない。
人により態度が変わるなら、他の人と協力してイライラさせないようにします。

004 匿名さん

2018/07/14 09:09

そんなあなたも、掲示板に投稿してイライラを募らせて…。
気にしないってこと、できなさそう。

005 匿名さん

2018/07/15 19:07

主です。
その先輩は、イライラしてて極力距離をおいて関わっても、対したことがないことで何かと理由をつけてこちらにあたってきます…
皆さんがいうように自分の仕事をするのと、距離をおくというのは続けようと思います(>_<)
常にイライライライラしていると思えば、ふと笑顔をみせて話す時があって振り回されますし怖いです…

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1180
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1101
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
977
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
927
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
668
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3475

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!