准看護学校の勉強内容について

匿名さん

投稿日:2018/07/12 10:05

4月に准看護学校に入学した一年生です。
テストはほぼ全ての教科で出る所を教えて貰えたり、事前にテスト対策プリントを配られその内容と全く同じ問題がテストに出たり、それで赤点をとって再試になっても再試の範囲はやはり出る所を全て教えるらしく、どんなに勉強が苦手な人でもテストで落ちる事がないような仕組みになっています。
先生方は座学の勉強よりもとにかく看護技術の実習を重視しているようで、留年した人たちは実習が不合格だったそうなのですが、どこもこのような感じなのでしょうか?
(准看で国試がないので詳しくやる必要がないのかもしれませんが、正直、勉強面はこれでいいのか?という感じがするのですが…)
また、看護師の友人達からは解剖等体の仕組みを徹底的にやらされると聞いていたのですが、さっとしかやらず未だにどこに何があるか、専門用語では何というのかわからない状態なのですが一年の今の時期だったら普通なのでしょうか?
学校によって違うとは思いますが、他の准看学校はどのような感じなのか聞きたいと思い質問しました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/07/12 13:53

私は准看の学校卒業して、今年4年目になります。
うちの学校は勉強してこない学生1名が学科で脱落し、他は実習で退学しました。実習で適正をかけてふるっていました。内容全般に薄かったです。実習へ出るときも学内での知識では足りませんでした。指導者から求められる内容はレギュラーと変わりませんでした。足りないところは自己学習でした。それは働きだした今でも変わりません。

002 匿名さん

2018/07/15 07:02

私も准看の学校を卒業して4年目です。
テストの再再試でも赤点取ってしまって留年になる学生は、2~3人居ましたね。もう一度夏休み辺りから1年生をやったり、もう一度2年生をやったりするような形で、3年かけて頑張って卒業している学生も居ました。
皆物凄く頑張っていました。
中には、あまりの勉強のハードさに悲鳴をあげて自主退学する学生も居ましたし、実習がきつくて辞めてく学生も居ました。
仕事と学校の両立も大変厳しいので、体力的に無理だと判断して辞めていく学生も居ましたね。
そんなこんなで入学時は1クラス48名でしたが卒業時は34名程度に減っていました。どこもそんな感じだと噂では聞いてます。
卒業式は全員号泣でした。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護学生・国試 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

新卒ナースの私でも「訪問看護師」は無理じゃない

訪看には病棟経験が必要…そんな"常識"が変わります。 [ 記事を読む ]

せん妄に遭遇。どう対応したらいい?

まずは患者と自分の安全の確保を! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

入院中の転倒による障害に対し、病院に2770万円の賠償命令。看護師としてどう思う?

投票数:
1046
実施期間:
2018年10月30日 2018年11月20日

看護師になって初めて知った衝撃の事実!

投票数:
923
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

准看護師か看護師であることを意識する?

投票数:
937
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

学生時代、部活何やってた?

投票数:
963
実施期間:
2018年11月06日 2018年11月27日

風邪をひいたら抗生物質(抗菌薬)もらう?

投票数:
883
実施期間:
2018年11月09日 2018年11月30日

自分の体、何で洗ってる?

投票数:
834
実施期間:
2018年11月13日 2018年12月04日

【究極の選択】結婚するならどっち? あなたが好きな男性vsあなたを好きな男性

投票数:
725
実施期間:
2018年11月16日 2018年12月07日

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
202
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2209

以下の静脈血栓塞栓症(VTE)の説明のうち、誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.深部静脈血栓症は主に、ヒラメ筋に血流がうっ滞し、発生する。
  • 2.静脈血栓塞栓症の自覚症状には、患肢の疼痛、浮腫、腫脹、表在静脈の怒張があり、他覚的所見ではホーマンズ徴候やローエンベルグ徴候などがある。
  • 3.弾性ストッキングと間欠的空気圧迫法は、血栓が発生しても継続して使用した方がよい。
  • 4.患者さん自身が、自分に合った予防方法を選択できるように、術前から静脈血栓塞栓症について説明を行うようにする。
今日のクイズに挑戦!