准看護学校の勉強内容について

匿名さん

投稿日:2018/07/12 10:05

4月に准看護学校に入学した一年生です。
テストはほぼ全ての教科で出る所を教えて貰えたり、事前にテスト対策プリントを配られその内容と全く同じ問題がテストに出たり、それで赤点をとって再試になっても再試の範囲はやはり出る所を全て教えるらしく、どんなに勉強が苦手な人でもテストで落ちる事がないような仕組みになっています。
先生方は座学の勉強よりもとにかく看護技術の実習を重視しているようで、留年した人たちは実習が不合格だったそうなのですが、どこもこのような感じなのでしょうか?
(准看で国試がないので詳しくやる必要がないのかもしれませんが、正直、勉強面はこれでいいのか?という感じがするのですが…)
また、看護師の友人達からは解剖等体の仕組みを徹底的にやらされると聞いていたのですが、さっとしかやらず未だにどこに何があるか、専門用語では何というのかわからない状態なのですが一年の今の時期だったら普通なのでしょうか?
学校によって違うとは思いますが、他の准看学校はどのような感じなのか聞きたいと思い質問しました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/07/12 13:53

私は准看の学校卒業して、今年4年目になります。
うちの学校は勉強してこない学生1名が学科で脱落し、他は実習で退学しました。実習で適正をかけてふるっていました。内容全般に薄かったです。実習へ出るときも学内での知識では足りませんでした。指導者から求められる内容はレギュラーと変わりませんでした。足りないところは自己学習でした。それは働きだした今でも変わりません。

002 匿名さん

2018/07/15 07:02

私も准看の学校を卒業して4年目です。
テストの再再試でも赤点取ってしまって留年になる学生は、2~3人居ましたね。もう一度夏休み辺りから1年生をやったり、もう一度2年生をやったりするような形で、3年かけて頑張って卒業している学生も居ました。
皆物凄く頑張っていました。
中には、あまりの勉強のハードさに悲鳴をあげて自主退学する学生も居ましたし、実習がきつくて辞めてく学生も居ました。
仕事と学校の両立も大変厳しいので、体力的に無理だと判断して辞めていく学生も居ましたね。
そんなこんなで入学時は1クラス48名でしたが卒業時は34名程度に減っていました。どこもそんな感じだと噂では聞いてます。
卒業式は全員号泣でした。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護学生・国試 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1422
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1441
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1292
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1106
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
925
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
487
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者196

静脈栄養についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.人工呼吸器管理を余儀なくされるような集中治療室に入院している重症患者では、早期から静脈栄養を開始するべきである。
  • 2.静脈栄養では高エネルギーの投与が容易であるため、侵襲により代謝が亢進し、エネルギー必要量が増加する時期には適している。
  • 3.急性期における静脈栄養のエネルギーの投与量は、過剰栄養(overfeeding)の回避を念頭に決定されるべきである。
  • 4.静脈栄養を行う際は、どのような患者さんでも中心静脈より投与を行う。
今日のクイズに挑戦!