爪はがし事件の真相

匿名さん

投稿日:2018/07/05 21:30

先程、TVで見ました。あのTVを見てどう思いましたか??
私はただ、ただ怖いなぁと。知識がない看護師に勘違いされ訴えられて、、。

最後は無罪を勝ち取ったけれど、それまで沢山のご苦労もあったはず、、

私なら、新聞社にわざわざ訴えた看護師許せないなって思いました。
まぁ、自分は良い事をした気分でいたのかもしれないが、逆に知識があさはかだった事が周りにばれてしまった事件になってしまったのだけど、、。

どうして、こんな事になったのだろう?その看護師も、ケアについて調べたり聞いたり出来なかったのかな?と、、

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/07/05 21:32

明日は我が身。
自分の知識や先入観だけで物事をとらえる勿れ。

002 匿名さん

2018/07/05 23:03

当時の記事をよく覚えてますが、報告した看護師は新聞社ではなく上司にだったと思います。
上司から病院幹部に報告が行き、事情も知らない幹部たちが、即日に記者会見を開いて謝罪してしまいました。
恐らく、家族から訴えられる前に保身に走ったのでしょう。
看護師⇔悪魔の構図が面白くて、話題になりやすいことから記者はこぞって悪いように書きたてました。
また、当事者の看護師の立場はベテランの新入りという立場ですから、周りから疎まれることもあったでしょう。
療養型の看護師であれば高齢者の爪が爪白癬で剥がれやすいというのは日常のことで、出血にびっくりする看護師は当時でもいません。
それが上司に報告されるということは、少なからず陥れようとされたものと思います。

ただ、残念なのは何故出血を一度ならず二度や三度とそのまま放置してしまったのかということです。
いくら良い行為であっても、家族が見たらそれは言い訳ができません。
テレビを見ていてその点が長年不思議だったのですが、「忘れてしまった」と聞いて凄く残念でした。
彼女の唯一の罪は「忘れてしまった」「嘘をついてしまった」ことでしょう。

それは刑事事件に問われるほどの罪にはなりませんが、看護師が胸に止めなければならないものであることは確かだと思います。

003 匿名さん

2018/07/05 23:38

実際のケアをする前に医師に報告。
看護師内でケア情報を共有する。

そういうのしないで個人プレーだったのかな…

004 みすず

2018/07/06 05:09

確かに我々の仕事は表裏一体、常に傷害罪に問われる行為が多いと胆に命じないとね。爪のケアは、本当に大変。寝たきりの方の爪を切って、ヒヤリとした方多いと思います。うちは爪ケア専門の看護師が介入してくれるようになったけど、日々の爪切りは、介護士か看護師の手が空いた時なんで、なかなか行き届かないのが現実。訴えた所から、今度どうして行けたのか?その後の取り組みや成果が知りたい所ですね。

005 匿名さん

2018/07/06 18:22

この事件が根底にあるからなのか、爪が肥厚してタオルケットのループが引っ掛かるような危険な状況になっても誰も爪のお手入れをしてあげようとしない病院がありました。
お手入れしてあげてほしくて指導者さんに要望したら、「明日退院だからいいの」と…。
どこがいいのかわかりませんでしたが、恐くてそんなこと言えませんでしたが。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1155
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1020
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1020
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1072
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
938
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
859
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
514
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2507

30代女性のAさん。硬膜外麻酔併用の全身麻酔下手術で子宮筋腫摘出術を受けました。術後の鎮痛目的で硬膜外カテーテルから0.2%アナペイン®を持続的に投与しています。Aさんは、術後より悪心を強く訴えています。Aさんへの対応として、誤っているものはどれでしょうか?

  • 1.制吐薬の使用
  • 2.硬膜外麻酔の中止
  • 3.血圧の測定
  • 4.腸雑音の聴診
今日のクイズに挑戦!