カンファレンスの議題、進め方を教えてください!

匿名さん

投稿日:2018/06/16 19:53

カンファレンスを3人程度で行おうと思います。
アセスメント能力を高めるために行います。
普段皆さんはどんなことを議題に挙げてカンファレンスを行っていますか?
また、進めるにあたり、ホワイトボードを使うなどおすすめの方法はありますか?
良かったら教えてください。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/06/16 20:09

そもそも何のカンファレンス?

002 匿名さん

2018/06/16 21:19

学生の頃、ケースカンファレンスとかされなかったのですか?
ひどいレベルですね

003 匿名さん

2018/06/16 22:58

カンファ(の練習?)をしよう→じゃあなにを議題にする? じゃなくて、カンファってのはまずそもそもの問題や議題があって、必要だから話し合うものでしょ?

新人3人でカンファごっこをしてみたところで何か素晴らしい発見や進歩向上があるとは思えないし、もしプリや先輩から一緒にカンファ練習をしようと提案があったのなら、掲示板じゃなくてその人たちに直接相談するのが筋だと思います。

あと必要性があっての意見交換なんだから、ホワイトボード以前にノートなり議事録なり残る形で内容を書きとめる書記は当然いりますよね。
しゃべくるだけで終わるならカンファ開催の意味はあまりないので。

004 匿名さん

2018/06/17 01:59

検討、情報交換、以上。

005 匿名さん

2018/06/17 21:45

投稿カテゴリ間違っているようですが
さすがにこれは学生の質問でしょう。
基礎実習の3人班で受け持ち患者のカンファレンスをするという話なら
質問レベルもシチュエーションも腑に落ちます。

そもそも病棟でカンファレンスを開催するのなら
病棟単位なりチーム単位なり、一定以上の人数で実施しないと
有効な情報交換や方針決定の場にはならないと思います。
看護師3人しかいない零細職場なら知りませんが。

006 匿名さん

2018/06/18 19:34

まぁまぁ、皆さん。職場によっては忙しくてカンファどころじゃなく、まだまだカンファの経験がない方なのかもしれません。

主さん、アセスメント能力を高めるために行うのであれば、カンファじゃなく勉強会がいいと思いますよ。

カンファは個別のケースについてどう対応すべきか、などを話し合うものです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

新人看護師 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1437
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1462
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1305
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1162
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1134
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
984
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
663
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4370

静脈栄養についての説明で、正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.人工呼吸器管理を余儀なくされるような集中治療室に入院している重症患者では、早期から静脈栄養を開始するべきである。
  • 2.静脈栄養では高エネルギーの投与が容易であるため、侵襲により代謝が亢進し、エネルギー必要量が増加する時期には適している。
  • 3.急性期における静脈栄養のエネルギーの投与量は、過剰栄養(overfeeding)の回避を念頭に決定されるべきである。
  • 4.静脈栄養を行う際は、どのような患者さんでも中心静脈より投与を行う。
今日のクイズに挑戦!