不妊治療と仕事の両立について

匿名さん

投稿日:2018/06/11 23:50

私は不妊治療中です。子宮内膜症がひどく、顕微授精をしています。
もともとは急性期病棟勤務をしていました。
しかし、治療開始後はまだ心が付いて行かず、治療に専念と思い退職。1年して治療費に困り、少しゆっくり働けないかなとリハビリ病院に再就職しましたが、病院が合わず退職しましま。
また急性期病院で働きたい、治療費を稼がなければと思いますが、体外受精のスケジュールを考えるとパートなどの方がいいのかと考え悩んでいます。
夫は協力的です。ですが、金銭面を考えると自費なのでかなり負担が大きく常勤の方がいいのかなとも思います。
皆さんがどのようにされているのか教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/06/12 14:20

ご主人は金銭面についてどう思っているのでしょうか?
パート勤務でまかなえるものなのか
勤務で時間やストレスなど治療に支障をきたすのか、
貯金だけなら何回治療ができるか、
パートなら何回、常勤なら何回…。
妊娠後の生活は?
…と、いろいろあると思います。
一緒にいるご主人と決めたことが正解なのかな。

002 匿名さん

2018/06/12 14:30

>001 匿名さんさん
>> ご主人は金銭面についてどう思っているのでしょうか?
>> パート勤務でまかなえるものなのか
>> 勤務で時間やストレスなど治療に支障をきたすのか、
>> 貯金だけなら何回治療ができるか、
>> パートなら何回、常勤なら何回…。
>> 妊娠後の生活は?
>> …と、いろいろあると思います。
>> 一緒にいるご主人と決めたことが正解なのかな。
そうですね。焦りもあって訳が分からなくなってたかもしれません!
適切なアドバイスありがとうござます!
もう一度話してみます!

003 匿名さん

2018/06/12 23:01

各市町村に特定不妊治療助成制度があるのでホームページや役所で調べてみてください。
仕事のストレス、金銭面の不安などがホルモンバランスを崩している原因とも言いかねませんので、

004 匿名さん

2018/06/13 11:00

>003 匿名さんさん
>> 各市町村に特定不妊治療助成制度があるのでホームページや役所で調べてみてください。
>> 仕事のストレス、金銭面の不安などがホルモンバランスを崩している原因とも言いかねませんので、
ありがとうござます!助成制度は知っていましたが、条件に当てはまりませんでした。
ストレス、金銭面って、考えるとバランス取ることって難しいのですね。
甘えるなと言われてしまえば、それもそうなのですが。
貴重なアドバイス、ありがとうござます!

005 匿名さん

2018/06/13 13:35

私の知り合いで2人不妊治療してましたが治療自体がストレスでもういいや、2人で生きて行こう!って決意して不妊治療止めた翌月妊娠したって言ってました。
金返せ~とも言ってましたね。

主さんもストレスが作らなきゃ!ってストレスがかかってるんじゃないですかね。

006 匿名さん

2018/06/13 13:46

>005 匿名さんさん
>> 私の知り合いで2人不妊治療してましたが治療自体がストレスでもういいや、2人で生きて行こう!って決意して不妊治療止めた翌月妊娠したって言ってました。
>> 金返せ~とも言ってましたね。
>>
>> 主さんもストレスが作らなきゃ!ってストレスがかかってるんじゃないですかね。
確かに金返せ〜ってなりそうですね(笑)
そうかもしれませんね。確かに今は何をするにも治療のスケジュール前提で、こうなるから先にこれをしなきゃとか、何かと考えて考えて行動してます。
考えているばっかりも体にとってはストレスなのかもしれないですね!
仕事することは大変で苦痛もありましたが、働くってことが好きだったから余計に悩んでいるのかもしれません。
もうちょっと自分に余裕を持たせようと思います!
ありがとうございました!

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

子育て・家庭 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1180
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1047
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1101
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
977
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
927
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
668
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3475

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!