不明熱で困ってます。

匿名さん

投稿日:2018/06/07 20:33

22歳、女 看護学生です
1ヶ月前より37度前後(平熱35.7)で、倦怠感あり
関節痛や咳等はありません
内科で不明熱と診断されました
バセドウ病や膠原病を疑われましたが、検査異常なし
CRP0.05以下 血液検査異常なし
耳鼻科も行きましたが問題なし
妊娠、性病等もありません

不明熱で考えられる疾患など、心当たりがあれば教えて下さい。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

9件中 1~9件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/06/07 20:56

総合診療科などにかかられてはどうですか?

002 匿名さん

2018/06/07 21:50

医者じやないので。

003 匿名さん

2018/06/07 22:58

実習とかが原因で精神的なものも考えられることもありますよね。

004 匿名さん

2018/06/07 23:39

「妊娠、性病など」って書くくらいだから、ふしだらな性活してるんですか?

005 匿名さん

2018/06/08 00:04

私もなりました、不明熱。
調べても調べても原因分からなくて、ノイローゼ気味になってました。

でも、分からないもんは分からない。
諦めて普通に生活してます。37度くらいなら別に生活できる。

とりあえず病名不明なうちに保険入りました。

006 匿名さん

2018/06/08 01:06

>004 匿名さんさん
>> 「妊娠、性病など」って書くくらいだから、ふしだらな性活してるんですか?

こういうこと書く人は最低ですね。

007 匿名さん

2018/06/08 01:09

精神的なことでも起こりますよ。

008 匿名さん

2018/06/08 02:03

新人時代、めちゃくちゃストレスで、ほぼ1年37.5~38℃未満でした。休日気が緩むのか、休日のが熱上がってました。「明日出勤前に38℃あったら休もう…」とか考えても37.5とかね。 仕事に慣れたら熱は出なくなりました。
いまでも、転職して新しい職場になる度、三ヶ月位は熱でます。
精神的なもの、自律神経系なのかなっておもってます。

009 匿名さん

2018/06/09 10:18

37度くらいなら発熱というより高温期ともいえる気がします。自律神経失調などでも体温の変動がありますよ。更年期でもホットフラッシュとかあったりするし。不明熱というと38度以上のイメージがあります。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

9件中 1~9件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1234
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1149
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1042
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1081
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
796
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
383
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者83

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!