短期退職の繰り返し

匿名さん

投稿日:2018/06/06 11:29

コメント失礼します。
タイトル通り短期退職を繰り返している
だめな看護師です。

病棟経験はなく、新卒でクリニックに
飛び込みました。
1番目 クリニック 半年で退職
面接の時と入職の時の勤務時間があまりも
違っていて、週の半分は深夜になり、電車もないのでタクシーで帰ってました。
タクシー代は出ず。
2番目 クリニック 3ヶ月
研修中に怪我をしてしまい、長期で休みを
とってしまったため退職をすすめられ退職
3番目 クリニック 2年と9ヶ月
病院への急な移動の話があり、病院への勤務は希望していないので仕方なく退職
4番 訪問看護 2週間
新たな分野でのチャレンジをと思いましたが、予想以上に私には合わず申し訳なかったですが退職

もちろん私自身にも大いに原因があると思ってます。もう転職せず腰を据えたいキモチはかなりあります。
今転職活動しているのですが、短期退職を繰り返している身としては、お金のかからない直接応募の方が良いのでは?と考えているのですが、どうなのでしょうか?
仲介会社さんを使うと年収の何パーセントかお金がかかりますよね、長く続かないそうな人をお金使って入れようとは思いませんよね(;ω;)

次の転職先も迷っています。
今まで経験した科目のクリニックの応募はかけてますが、落ちる可能性も高いので
施設系も考えています。
施設系は私みたいな経験では、難しいでしょうか?

長々とすみません、アドバイス頂けたらと思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/06/06 13:15

クリニックへのこだわりは何でしょうか?
病院に行けばいいのに。

002 匿名さん

2018/06/06 13:17

施設は急変や看取りがあるから経験ないと無理ですね。

003 匿名さん

2018/06/06 14:22

その経歴だと、紹介会社も紹介躊躇すると思うよ

004 匿名さん

2018/06/06 16:30

eナースセンターは無料だから相談してみては?
看護協会と国?がやっているから安心ですよ^ - ^
施設もなかなかハードだと思います。
よく考えてからの方がいいかもしれません。

005 匿名さん

2018/06/12 09:42

簡単に辞められて、簡単に就職できる、ということを何度も経験してしまうと、また同じことを繰り返すことが目に見えています。

006

2018/06/14 09:38

コメント主により削除されました

007 匿名さん

2018/06/28 19:16

1番目と3番目に働いた所だけ履歴書に書いたら良いと思います。
あとは、単発アルバイトなどでつないでいたと言えばいいのでは。
総合病院でも外来なら出来そうな気がします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
821
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
756
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
580
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者45

88歳の女性。庭で倒れているところを帰宅した家族に発見され、救急車で搬送されました。救急隊の情報では、患者さんのそばには空の農薬の瓶があり、また患者さんの顔や口には白濁した吐物が付着し、その吐物や呼気からニンニク臭がしているとのことでした。病院到着後も流涎と発汗が著しく、振戦のような筋肉の動きが見られています。病院到着後のバイタルサインは下図のとおりです。この患者さんに対して行う最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.薬物の吸収を阻害するために、気管挿管前に胃洗浄を行い、活性炭を投与する。
  • 2.SpO2低下があるが、過剰な酸素投与は肺の線維化を促進するため、最低限の酸素投与にとどめる。
  • 3.ムスカリン様作用である縮瞳や徐脈があるため、硫酸アトロピンを投与する。
  • 4.薬物を排出させるために、血液浄化療法を始める。
今日のクイズに挑戦!