化学療法を行ってる病棟に務めてるナースへ質問

匿名さん

投稿日:2018/05/18 21:20

化学療法を行っている病棟に務めてる看護師へ質問です。
うちの病院では、新人の頃の研修で化学療法の基本的な研修を受けてから、その後師長や主任に実施方法などを見てもらってから化学療法が取り扱えるようになります。うちでは新人以降は必須で化学療法に関連した研修を受けることはないです。

テストを受けたり、IVナースに確認してもらったりしないといけないとか、化学療法の教育が他の病院ではどのようなものがあるか知りたくてスレを立てました。
よかったら教えて下さい。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/19 00:24

化学療法がメインの病棟に異動して、特に研修というものはなく。
ほぼ、自己学習。
基本的な研修って何。

新卒にはルート確保から教えるけど、技術的なことは少ないから、
後は自分で勉強しておいてって感じ。
主さんところと、私のところはどっちが多数派なんだろうね。

002 匿名さん

2018/05/19 01:10

私は外来で担当してましたが研修はしてないですね。
担当も外科担当で2人だけがやっていて先輩と担当医師から教えてもらってましたよ。

病棟ではみんなが出来ないといけないみたいですが外来は担当しかやらないので各自外部の勉強会に参加したり参考書買ったりして自己学習してますよ。

003 匿名さん

2018/05/19 08:39

約380床病院の中の化学療法を行う病棟にいましたが、とくに何もなかったです。
投与や内容については自己学習です。他の病棟のようにシャドーイングを経て、先輩の見守り、自立となっていきました。
1年目の時に、全体の研修で感染防御について習って、尿破棄時のアイガードの大切さなどを習いましたが、病棟に行ったら、使っている先輩はおらず、先輩の前で使いづらくて、結局自分たちも使えませんでした。

004 匿名さん

2018/05/19 13:56

点滴詰めのさいの手袋着用さえしていない病棟です。
自己学習すればするほど原則とのギャップに驚きます。

005 匿名さん

2018/05/19 14:48

>004 匿名さんさん
>> 点滴詰めのさいの手袋着用さえしていない病棟です。
>> 自己学習すればするほど原則とのギャップに驚きます。


えーっつ。被曝しますよ。
うちはケモ詰めしていて、漏れて手にかかってしまったら始末書でした。
また目に見えて液体が飛ばなくても、パック内をシリンジで噴いてしまうと陽圧になって、帰化した飛沫が飛んできて吸い込むと内部被ばくすることもあるそうです。せめてご自身だけは身を守って、気を付けて行ってくださいね、心配です。

006 匿名さん

2018/05/19 17:25

直接の被害調査が海外の研究しかないのが残念ですよね。
無理やり翻訳されたものを読んでもわかりづらい。
40年間抗がん剤を取り扱っている看護師を調査って、
日本だとどんなにいるんだろう。
日本は実際に看護師にどのような害(妊娠、出産問題)が出ているかという調査がされていないですしね。
比較調査って難しそう。
全く被爆しない看護師以外の職業の女性の調査と、
抗がん剤を扱わない看護師の調査、
抗がん剤を扱う病棟や外来で働いている看護師の調査。

何年以上取り扱った場合に害が出るのかとか調べてほしいです。

20年前抗がん剤を扱う病棟に勤務していたけど、
年に一人くらい妊娠出産あり、流産はなかった。
奇形出産もない。
80才になって「ガンです白血病です、」何て言われても、脳、心臓、ガンのどれかで寿命を終えるんだろうし、ピンと来ないです。

そもそも治療に使っている患者がいるし。

暴言でしょうかね。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1234
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1149
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1042
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1081
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
795
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
382
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者81

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!