タップテストの介助ってどんなものですか?

匿名さん

投稿日:2018/05/16 22:14

脳外科勤務の2年目看護師です。水頭症の治療でタップテストというものを行いました。応援要員で先生の手伝いして来てと頼まれて処置の現場に入らせてもらいました。清潔操作が大事とか処置後の安静が必要とか処置中、後の意識レベルの確認とか低髄液圧症候群(主に頭痛やめまい)の観察が大事!とそこそこ要点は抑えていたのですが、ドクターから頼まれたことが、「患者と何でもいいからおしゃべりして!」ということで面食らいました。とりあえず、「気分は悪くないですか?」と患者に尋ねるとドクターからすかさず「そうじゃない!ずっと絶え間なく会話して患者を喋らせるんだ!」と一喝。なんとか出身地とか仕事の話、好きなの食べ物などをら聞き出しながらその時間を乗り切ったんですがあれは何を診てたんでしょうか?
処置のマニュアルとかみても絶え間なく会話するようには書かれていませんし、ただただ自分のしていたことが謎です。意識レベルの観察だったんでしょうかね…

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/17 17:41

とにかく体動をさせない必要がある検査です。
患者に会話させ、気を紛らわしてって意味だったのでは?
気分は悪くないか聞いて、そっちに意識がいったら痛みをより感じやすくなり、動いてしまう→検査にならない

002 アザラシ

2018/05/18 19:44

脳外科二年目です。
腹圧がかかることによって髄液が出るからじゃないですか?ある程度でたら出なくなる方がいるので。
よくタップテストがあるのですが患者が笑うと特に髄液が面白いくらい出てきます笑

  • 前のページへ
  • 次のページへ

2件中 1~2件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!