後輩の方が知識がある

匿名さん

投稿日:2018/05/16 20:58

3年目になりましたが、2年目の後輩の方が知識があって焦っています。

最近、一つ下の後輩から教えられることが多くて正直恥ずかしいです。患者のカルテを見ていて、これなんだろうねーと雑談程度に話しかけたのですが、後輩に説明されてしまったり、後輩から患者さんリオペになって○○造設するみたいですと言われた時、その○○がわからなかったりして後輩になにそれ…?と聞いてしまったり、、

自分では勉強しているつもりですが、現場に繋がる知識がないというか、なぜ後輩はそれを知ってるんだということが多く、どうやったらスラスラと答えられるようになるのかわかりません。先輩からの不意打ちの質問にも後輩はきちんと答えられています。

また、私は3年目なので受け持つ疾患も重くなっています。しかし、後輩は2年目なのでまだ軽傷の患者さんを受け持っています。私は後輩より知識がないのに後輩より重症な患者さんを受け持っていることになんとも言えない気持ちです。

やはり先輩として、後輩に指導できるようになりたいし、自分で自信もって患者を見られるようになりたいです。
どう勉強したらよいでしょうか

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/16 21:15

これなんだろうねーで済まさず、その都度きちんと調べたり確認することの積み重ねじゃないですかね

002 匿名さん

2018/05/16 23:05

恥を忍んで、その後輩に勉強のやり方聞いてもいいんじゃないかな。わからないことをわからないと言えないのが1番危険です。

003 匿名さん

2018/05/17 07:58

これなんだろねー?と聞いたあとに答えられたら「すごい!それどこで教えてもらったの?」とかきくかな。
もしかしたら看護学生の時実習などで習ってきたのかもしれません。

004 匿名さん

2018/05/17 08:00

私はうちにある病気がみえる本とか見てますね。
看護雑誌とかも目を通したりしてます。

ただ業務をこなしてうちに帰ってからも何もしないんじゃなくてテレビをぼーっと付けてるならその時間に医療の本見たりするとか。
やっている人とそうでない人とちょっとした努力で違ってくるんですね。
後輩の子は合間に勉強しているんだと思いますよ。

005 匿名さん

2018/05/17 08:58

その後輩というのは、特定の一人ですか?
もしそうならその後輩が特別できる人かもしれません。
でも複数の後輩がそのような状況なら、主の勉強不足かもしれません。

「後輩に負けたくない」「はじをかきたくない」
というのも立派なモチベーションです。
これを機に勉強を頑張りましょう!

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

ドレーン管理

開腹術後患者の観察ポイントは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1162
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
866
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
801
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
701
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
633
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
547
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4163

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!