4回目の転職

キャプテン・シモキタ

投稿日:2018/05/14 23:16

男性看護師で恥ずかしながら経験あまりなく、4回目の転職をしようと思います。 
最初の病院は、新人いじめでつつけていけなくなり自己退職。
2つ目の病院は臨時職員で働いていたのですが、(まあまあ働けていた)大本の病院の上の人から正規職員が20人ぐらい余っているから、やめてくれないかと、任期満了で退職。
3つ目の病院は半年ぐらいで祖父が倒れたため、介護のため自己退職しました。

経歴で怖くてなかなか書類出そうか迷います。
私みたいな方いますか?アドバイスいただけたら幸いです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

4件中 1~4件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/15 11:20

こんにちは。
転職回数が多いことについて、引け目を感じるのはわかります。
ちなみに何年目の看護師なのでしょうか?

私の部下には看護師6年目で4つの病院を転職。
そのうち、1つの病院の中で9か月で異動。
実質5箇所の職場を転々として、5つめの職場としてうちに来ました。
正直、経歴だけでは取りたいと思わなかったです。

人柄で採用しました。
人は悪くないですが、やはり仕事が出来ないです。

私も5年目の時点で、転職歴が2回ありました。
やはり採用の際に、ここは引っかかる所だと思います。
だからこそ、この転職歴のマイナスイメージをプラスに変えるような言い方が大事だと思います。

私の場合は、短い間で辞めている経歴がありますが、
致し方ない理由のときもあったり、やりたいことが見つかったため転職を決めたという前向きな理由をアピールしました。
また、次どこの分野に転職されるかによりますが、
私は人より多い転職歴かもしれませんが、
その分、その分野での知識を習得していますので、広く役立てることが出来ると思います。みたいことを言いました。

看護師なので、経歴はどうであれ採用してくれるところは絶対あります。
しかし、マイナス要素をマイナスととらえたままの人材には魅力がありません。プラスに変えられるように自信をもってください。

私は採用する側にの立場になって、それをより感じました。
頑張ってください。

002 匿名さん

2018/05/15 14:40

転職回数の多い看護師、結構いますよ。
あなたの場合は、最初の職場はともかく、それ以外の職場ではあなたのせいで退職したわけではないのだしそんなに気にされることはないと思います。

ただいろんな場所で働くことでご自身の適性に気づくことができるはずで、そこを見誤って、自分に向いていない職場を選んでしまうといつまでも転職人生から抜け出せないので、今のご自身に合った職場、無理なく続けられる職場を探されるといいと思います。応援してます。

003 キャプテン・シモキタ

2018/05/16 10:40

>001 匿名さんさん
>> こんにちは。
>> 転職回数が多いことについて、引け目を感じるのはわかります。
>> ちなみに何年目の看護師なのでしょうか?
>>
4年目の看護師です。ただ祖父の介護やっていたので1年6か月ぐらいしか現場には立っていません。

004 キャプテン・シモキタ

2018/05/23 22:55

>002 匿名さんさん
>> 転職回数の多い看護師、結構いますよ。
>> あなたの場合は、最初の職場はともかく、それ以外の職場ではあなたのせいで退職したわけではないのだしそんなに気にされることはないと思います。
>>
>> ただいろんな場所で働くことでご自身の適性に気づくことができるはずで、そこを見誤って、自分に向いていない職場を選んでしまうといつまでも転職人生から抜け出せないので、今のご自身に合った職場、無理なく続けられる職場を探されるといいと思います。応援してます。


>>アドバイスありがとうございます。返信遅れて申し訳ありません。長く続けられ、自分の力を発揮できる病院探しから始めていきたいと思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

4件中 1~4件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
825
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
752
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1019
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
733
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
775
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
593
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3388

在胎週数28週の児が出生しました。出生直後より呼吸状態が安定しないため、分娩室でFiO2(吸入酸素濃度)値40%、CPAP(持続的気道陽圧)5~6cmH2Oで管理しています。しかし、酸素飽和度は80%台から上昇を認めず、著明な陥没呼吸が見られ、鼻翼呼吸、多呼吸、チアノーゼ、呻吟も出現しています。体温に留意しながらCPAPを行っていますが、この後に実施すべき処置は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.このままCPAPを続け、動脈血ガス分析を行い、呼吸状態を評価する。
  • 2.適切な酸素飽和度になるよう、FiO2値とCPAPの圧を調節後、マスク&バッグによる用手人工換気へと切り替える。
  • 3.気管挿管後、NICUへ移動し、マイクロバブルテストと胸部X線写真撮影後に呼吸窮迫症候群と診断してから、サーファクタント投与を行う。
  • 4.気管挿管し、直ちにサーファクタント投与を行う。
今日のクイズに挑戦!