迷ってます

匿名さん

投稿日:2018/05/12 22:07

現在、三次救急で働いている者です。今年で2年目になります。近頃回復期病棟・リハビリテーション病院に移りたいという思いが高まり病院を辞めたくて仕方ありません。自ら望んで超急性期に入ったのですが、身体的にも精神的にも辛く働くにつれて自己の看護観が酷いものになってきています。それに加えて師長からは3年は働かないと、結婚妊娠なんて有り得ないと言われ、自分は病院のために人生を捧げなくちゃいけないのかと思い嫌になります。患者さんも大事だとは思いますが、自分の人生の方が私は大事です。
どこの病院も様々な辛さがあると思います。今回のこの文を読んで甘いと思う方がいらっしゃると思います。ましてや2年目のこの時期なので特にですよね。
皆さんはこの時期の転職はどのように思われますか?また回復期で働かれている看護師様の意見も聞きたく投稿致しました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

12件中 1~12件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/12 22:25

自分の生活費を自分で稼ぐなら何をしようと自由です。
会社や仕事に生涯を捧げる気はないです。

やりがいのある恵まれた職場を見つけるとがんばれる。

002 匿名さん

2018/05/12 22:40

一度、好きなようにやってみなよ。20代ならやり直しきくから!

003 匿名さん

2018/05/12 23:28

今後もバリバリ働きたい(回復期でもリハビリ病院でも...)なら、3年以内の妊娠はどうかなとちょっと思ってしまいます。
3年で一人前になるように教育制度を整えている病院だとしたら、途中で育休などに入ると、どう戻ってくるかも難しくなります。育休あけに夜勤やる人は少ないですし。そうなると、プリセプターとかも経験するチャンスが減ります。
転職してすぐの妊娠も、良い印象はもたれないので、気をつけた方が良いと思います。
自分の人生なので、選択は自由ですが、責任も自分です。

004 匿名さん

2018/05/12 23:42

>003 匿名さんさん
>> 今後もバリバリ働きたい(回復期でもリハビリ病院でも...)なら、3年以内の妊娠はどうかなとちょっと思ってしまいます。
>> 3年で一人前になるように教育制度を整えている病院だとしたら、途中で育休などに入ると、どう戻ってくるかも難しくなります。育休あけに夜勤やる人は少ないですし。そうなると、プリセプターとかも経験するチャンスが減ります。
>> 転職してすぐの妊娠も、良い印象はもたれないので、気をつけた方が良いと思います。
>> 自分の人生なので、選択は自由ですが、責任も自分です。

妊娠はしないつもりですが、師長(病院側)にまで言われなくてはいけないことなのかと思い書きました。結婚しても何らかの形で看護師は続けていきたいとは思っていますが急性期はもう嫌ですね…

005 匿名さん

2018/05/12 23:44

>001 匿名さんさん
>> 自分の生活費を自分で稼ぐなら何をしようと自由です。
>> 会社や仕事に生涯を捧げる気はないです。
>>
>> やりがいのある恵まれた職場を見つけるとがんばれる。

そうですよね、結局は自分ですよね。
見つけれるように頑張ります!

006 匿名さん

2018/05/12 23:46

>002 匿名さんさん
>> 一度、好きなようにやってみなよ。20代ならやり直しきくから!

ありがとうございます!なんか気持ちが軽くなりました

007 匿名さん

2018/05/13 00:56

転職を考えてるものです。
看護観が変わってきてしまったんですね。
ずれるとよそに移りたくなりますよね!
私は➀リハビリ病院で在宅復帰のお手伝いをするか、➁一般病院でガンなどの緩和ケアに関わって最期まで寄り添う看護をしていくかで迷っています。
➁はとても難しいですよね。

008 匿名さん

2018/05/13 02:29

>007 匿名さんさん
>> 転職を考えてるものです。
>> 看護観が変わってきてしまったんですね。
>> ずれるとよそに移りたくなりますよね!
>> 私は➀リハビリ病院で在宅復帰のお手伝いをするか、➁一般病院でガンなどの緩和ケアに関わって最期まで寄り添う看護をしていくかで迷っています。
>> ➁はとても難しいですよね。

ご意見ありがとうございます!。
そうですね、2は緩和ケア病棟ということでしょうか?詳しくは分かりませんが最後まで寄り添おうとしてる007さんが私は凄いと思います。お互い頑張りましょう?

009 匿名さん

2018/05/13 08:28

急性期で精神的にキツいのは分かりますが肉体的は同じじゃないかな。

自分の人生だから1度きりなんだから自分がやりたい、目指したいってものを選んで仕事をしてもらえば…と思います。

妊娠は先とのことですが、いつ妊娠するかは勤務先の様子や状況によると思います。
私は施設勤務ですが介護士で2月に妊娠が分かり重労働を外してもらって勤務している人がいるのを承知で今月別の介護士の妊娠が分かり、しかも前回は切迫早産で入院の経験もあり今回も初期で出血で安静という状況。
こっちも気を遣うし相手も気を遣う、だったら辞めて欲しいって仕事量のしわ寄せがいった他の介護士が数人つぶやいていました。
ですので状況を見た方がいいですよ。

010 匿名さん

2018/05/13 13:47

>009 匿名さんさん
>> 急性期で精神的にキツいのは分かりますが肉体的は同じじゃないかな。
>>
>> 自分の人生だから1度きりなんだから自分がやりたい、目指したいってものを選んで仕事をしてもらえば…と思います。
>>

精神的肉体的にきついのはどこの病院もではあると思いますが、差はあるのかと感じました(友人の話などを聞いて)妊娠は特に今考えてもいませんし、先方の病院でも計画を立ててつくるつもりです。009さんの言う通り迷惑をかけないようにしなくちゃダメですよね。
ご意見ありがとうございました!!

011 匿名さん

2018/05/13 16:34

回復期リハで働いてるものです。私は急性期から回復期に転職しましたが大変さはどちらもあると思います。今居るとこは夜なんかはトイレコールの嵐です。
これはうちだけかもしれませんが、リハスタッフが訳が分からん事言ってもうまくあしらわなきゃいけないけどストレスたまるし…今、うちには妊婦さんいるけど肉体的にも精神的にも辛そうです。
急性期には急性期の大変さがあるし、回復期には回復期の大変さがありますからどちらにしても楽ではないことは確かですかね。まあ色々な病院もありますけどね。

012 匿名さん

2018/05/14 03:12

>011 匿名さんさん
>> 回復期リハで働いてるものです。私は急性期から回復期に転職しましたが大変さはどちらもあると思います。今居るとこは夜なんかはトイレコールの嵐です。

ご意見ありがとうございます。現場で働かれてる方の意見が聞けて嬉しいです。そうですよね、様々なキツさがありますよね…。ちゃんと考えてから転職したいと思います!

  • 前のページへ
  • 次のページへ

12件中 1~12件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1235
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1150
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1044
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1083
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
799
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
393
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者135

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!