アドバイスお願いします

匿名さん

投稿日:2018/05/10 20:29

学生2年目です。
最近実習中に患者さんスタッフの方の前で泣いてしまいました。
理由は自分の不甲斐なさにです。
その日スタッフの方からたくさん指導をいただきました。
そして現場で○○がだめだったな。悪かったな。と自分の中ですごい反省しました。
そしたら患者さんやスタッフの方に申し訳ないという気持ちになり、謝罪を言葉にしたら一気に涙がでました。
そして謝罪も曖昧になり、なにもかにもが中途半端でした。
看護師は感情的になってはいけないとききました。
ましてや人前、患者さんの前で。
自分は昔から悔し泣き?なのか感情的になると涙を堪えれません。
精神的に強くなる、もしくは感情の押さえかた、涙の堪え方などアドバイスいただきたいです。
真摯に受け止めますので色々な意見お願いします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/05/10 21:21

実習お疲れさまです。

看護師は感情的になってはいけないと聞いたからなかない方法が知りたいのですか?
客観的に考えて。
何かをやり遂げるときに泣いていたらできないでしょう。
まずは冷静に考えてみてください。
自分が患者さんで目の前で看護師がなきはじめたらどうですか?例えば患者さんの身の上話をきいて涙することはあるかもしれません。闘病を終えて亡くなられた患者さんのケアをしていて泣くこともあるかもしれません。
でも、あなたが泣いてしまうのはそういったことではなくて、感情的になって自分に酔っての涙なんですよね。

看護師だって人間だから泣くことはありますよ。それが悪いとは言わないけど。
でも私は今だかつて職場で泣いたことが無いんです。
自分の感情に浸ってられるほど楽な仕事ではありません。

どうか今一度泣いてしまうことを振り替えってみて。

002 匿名さん

2018/05/10 23:27

アドバイスありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
私なりにも考えてみましたが、やはりそんな経験が少ないというのもあったかもしれません。
これからは自分という人間を客観的に見ていくようにします。
同じ失敗をしないようにしていきたいです。

003 匿名さん

2018/05/11 15:01

必ずしも泣いてはいけないというわけではないと思いますが、切り替えが大切だと思います。

泣きそうになったら一度その場を離れてトイレに行くとかするなどして、気持ちを切り替えできるようになるといいと思います。

004 匿名さん

2018/05/11 16:04

不甲斐ないというのは、学生においては少し、分不相応に感じますね。あなたはまだ学ぶ身分なのですから、あなたがやりきろうとしなくていいんですよ。
あなたは実習に働きにいっているのではないんです。
指導頂くことを理解しているなら、この違いはわかると思います。

気持ちを強くということですが、これは必要ですか?
あなたがなかないようになることは、看護に必要でしょうか。
泣かない練習がしたいなら、他でお願いします。
看護を行う上で必要なことは、あなたがくじけるかどうかじゃなく、その患者様に何が必要かを考える頭です。
泣く、泣いちゃいけないというのは、全く必要ありません。
患者様の側に立つときは、常に、この人に必要なことは何かを考えるようにしてください。
そうしたら、泣くことなんてするひまありません。
謝罪して流れる涙は、私は泣いた本人のための涙だと思っています。つまり、泣きながら謝罪する人は自分のために謝り、自分のために泣いているのだと感じるのです。
その涙は謝罪を受けるひとには不必要です。

いつか、本当に相手のために涙を流せると良いですね。その涙は相手を癒すものになるかもしれません。

005 匿名さん

2018/05/12 08:38

コメントありがとうございます。
気持ちの切り替えは大切ですよね。
月曜からまた気持ちを切り替えて臨みます。
患者さんの身になって考える、これを改めて学びました。
アドバイスありがとうございます。
考え方が変わり気持ちも楽になりました。
学びの多い実習になりました。ありがとうございました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護学生・国試 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
834
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
767
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1034
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
747
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
790
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
627
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者165

68歳女性。今まで排尿で困ったことはありませんでした。ADLは自立しています。1カ月前に広汎子宮全摘術リンパ節郭清を施行しました。術後7日目に、尿道留置カテーテルを抜去した後から自排尿がほとんどなく、1日5回のCIC(清潔間欠自己導尿)を導入しました。自力で導尿が行えるようになり、一度退院となりましたが、今回、追加化学療法を目的に再入院されました。最近の排尿状態については、「少し自分でも尿が出せるようになりました。尿が出るときは知らずに出ているので、尿取りパッドをつけています。尿が出るようになったので、導尿の回数は1日3回にしています」、「1回の導尿で500~600mLの排尿があります」とのことでした。この患者さんの尿失禁分類とCICに関するアドバイスとして、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 2.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数は3回/日のままで良いので、リハビリパンツの使用を促す。
  • 3.尿漏れは溢流性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を控えるよう指導する。
  • 4.尿漏れは切迫性尿失禁の状態であり、CICの回数を5回/日に戻し、水分摂取を現在の1.5倍に増やすよう指導する。
今日のクイズに挑戦!