インシデントレポートを書く人とは

匿名さん

投稿日:2018/03/20 22:25

ADL介助が必要で、危険行動をとる可能性があり、4本柵をしている患者さんがいます。用事があるときにはナースコールを押してくれるためピンチコールを2~3日前にはずしていました。介助量が多いため、ナースステーションの隣の病室になっています。
今日病室から物音がして、気になった看護長が一番先に病室へ行きました。患者はベッド柵を自分で外して、床に尻餅をつく形で転落していたところを看護長が発見し、チームスタッフを呼んでいます。
その後チームスタッフにインシデントレポートを書くように要求していましたが、第一発見者が書くものではないでしょうか?
チームリーダーやチームスタッフに押し付けて、インシデントレポートの内容に口だししてくるのはおかしいと思いました。
言いたいことが喉まで出かかっていましたが、言っても無駄だろうと我慢してすごくモヤモヤしています。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/03/21 04:02

発見者が、書きますよね?
おおごとにしたくなくて、自分の評価つまり
管理不足でそうなった。って看護部から言われたくないから書かないんじゃない?
それか、書き方がわからないとか(笑)

これ、うちの婦長です。看護部に怒られたくないし、自分の評価下げたくないから
インシデント隠蔽しますから。

002 匿名さん

2018/03/21 07:54

うちでは発見者と関わった人が書くことになってます。
じゃないと何のためのインシデント?って思います。

003 匿名さん

2018/03/21 13:48

うちは発見者は書きませんね~
関わった人と責任者(その日の受け持ち担当とか、プライマリとか)が書きます。

インシデントは問題の周知と再発予防のためにあるものだと思います。第一発見者だとなぜそうなったかわからないので、やはりミスした人がインシデントを作成し、振り返りをして改善策を考えるべきだと考えます。

004 匿名さん

2018/03/22 13:24

発見時の状況は発見者しか分からないし、
そこに至るまでの状況・経緯は発見者では分からないことも多いので、
うちでは発見者も関係者・責任者もそれぞれ書くか、
いちばん時間の余裕のある人が皆に情報聞き取ってまとめて書きます。
観察室のセンサー使用や拘束開放観察などの判断はうちではAチームのトップの役割です。
日勤リーダーも常に観察室の様子に目を配る責任があります。
投稿の状況なら、発見者がトップやリーダーにそれまでの状況を聞きとって書くか、
逆にトップやリーダーが発見時の状況を聞き取って書くか、
あるいはそれぞれが別々に報告をあげるかになります。

というか、看護長が気づいて動くまで患者の危険にだれも気付かないんですかね。
その状況で看護長が第一発見者だから書くべきという方が押し付けっぽく感じました。
当日の患者の様子とか見守り体制とかの判断はどうなってるの?

005 匿名さん

2018/03/29 02:35

転倒転落に関わったその場所にいたスタッフがあらゆる目線で書いていいことになっていて…
ただのカサマシ状態です。
ちょっとでも関わろうもんなら、ヒヤリハット委員会から転倒転落アセスメントシートを書けと言われます。あら探し状態なので私はこれを
通称「転倒転落アラサガシート」
と呼んでいます

006 匿名さん

2018/06/29 07:03

発見者も関わった内の一人では?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

休憩時間とれてる?

投票数:
841
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
731
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
457
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者36

子どもの脱水に関する説明として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.子どもは大人に比べて体重当たりの水分量が多く、特に細胞内液の占める割合が高いため、脱水になりやすい。
  • 2.子どもは嘔吐や下痢、発熱などにより、容易に脱水を起こす。
  • 3.子どもは自発的に水分摂取ができるため、保護者が子どもの経口水分摂取について管理・把握する必要はない。
  • 4.尿量の減少(乏尿)や皮膚の緊張度(ツルゴール)の低下が認められる場合、脱水の程度は「軽度」と評価される。
今日のクイズに挑戦!