ヘパリンロックについて

匿名さん

投稿日:2018/03/18 23:29

私の病院ではヘパリンロックをする際に、生食を流してからヘパリンNaロックを注入します。生食を流さない病院もあるようなのですが、どちらが正しいのでしょうか。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

11件中 1~11件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/03/18 23:39

自分のところは生食:ヘパを10:1で配合して使います。

002

2018/03/19 00:08

コメント主により削除されました

003

2018/03/19 00:10

コメント主により削除されました

004 匿名さん

2018/03/19 00:13

ありがとうございました

005 匿名さん

2018/03/19 01:13

どっちでもいい

006 なおぴ

2018/03/19 02:19

薬剤によってはヘパリンと混ざることにより変性するものもあるので生食でフラッシュしているのでしょう。当院では生食を通した方がいい薬剤にのみ生食を使用しますが、ほとんどの場合はそのままヘパロックします。

007 匿名さん

2018/03/19 04:32

ありがとうございます。
生食を通した方が良い薬剤調べてみます。

008 匿名さん

2018/03/19 08:31

前いた職場はあまりヘパリン使わないように生食ロックでした

009 匿名さん

2018/03/19 16:21

前はへパロックっていうヘパリン入りの製剤使ってたけど、生食でのロックと効能は変わらないというデータが出たとかで、生食ロックという生食のみの製剤で圧ロックするようになりました。

010 匿名さん

2018/03/19 22:16

うちもヘパリン使っている病棟あります。小児科ではヘパリンでしたが、成人病棟に移動したら生食でした。

011 匿名さん

2018/03/20 05:20

生食だけで閉塞しませんか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

11件中 1~11件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1035
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1034
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1088
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
959
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
897
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
602
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者499

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!