母ががんになりました

匿名さん

投稿日:2018/03/07 07:05

1年目の看護師です。
母が子宮体がんの診断を受けました。
これから入院・精密検査なのですが、ステージはどれくらいだろう、下腹部痛は骨盤転移によるもの…?など悪い想像ばかりしてしまい、夜も熟眠できず、正直仕事も手に付きません。最新の注意は払っていますが…。一人っ子で母子家庭なのもあり、突然の衝撃に不安でいっぱいです。
皆様の中にご家族ががんになったという方いらっしゃいましたら、その時どう適応されたのかぜひ伺いたいです。
よろしくお願いいたします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

4件中 1~4件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/03/07 08:15

私は主さんとは逆で母子で母親の立場でまだ学生の子がいるので持病はキープしておくのが最優先としてます。
UCだから大腸がんのリスクもあるので…。

診察とかあるなら一緒についていって今どのステージなのか今後どのような治療をしていくのとか聞いてもいいですよね。
それでも心配事は消えるわけではないですが…。

いつかはうちも来ると思います。
成人している娘たちからは孫が生まれるまでは‼️と言われてますけどね。

主さんを癒せる言葉がでなくてすみません。

002 匿名さん

2018/03/07 11:56

これから通院の付き添いなど必要になるならここじゃなくて職場にいって配慮しててもらうとか、転職が先かもね。結果待ってからでもいいのかもしれないけど。

003

2018/03/08 13:51

コメント主により削除されました

004 匿名さん

2018/04/04 11:34

私の母も15年くらい前、子宮がんで全摘しました。母は意外とあっけらかんとしていて、「子宮がんの疑いがあるんだって~。次の休みにがんセンター連れてって。」と言われました。私も看護師なので悪い可能性もよい可能性もいろいろ想像はつきましたが、それを口に出すと不安になるのは母本人だと思ったので、私もあっけらかんとしていました。何か聞かれても「心配ないと思うけど、次の時先生に聞いてみなよ。」と言って私からは情報は入れないようにして。
まずはあなたは無理にでも笑ってください。
で、お母さんも一緒に笑ってると病気もいい方向に向かいます。
たくさん笑うってホントにいいそうですよ。がん専門の先生が言ってました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

4件中 1~4件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

子育て・家庭 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1035
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1034
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1088
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
959
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
897
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
604
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者557

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!