看研メンバーの離職

匿名さん

投稿日:2018/02/11 21:14

看護研究のメンバーに選ばれたのですが、以前より離職を考えていました。
まだ転職先が見つかっていないので、あと数ヶ月は今の職場にいるかもしれませんが、研究が出来上がるまでいるとは限りません。
このような場合、どうすればいいのでしょうか?
看護研究のメンバーなのに離職された方いらっしゃいますか?
非常識な行動でしょうか…。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001

2018/02/11 21:25

コメント主により削除されました

002 匿名さん

2018/02/11 22:53

直ぐに師長に伝えないと…
大変なことになりますよ…

003 匿名さん

2018/02/11 23:05

次の職場が決まらなくても「○月一杯でやめるので、研究は途中でやめることになるので別の人に振り当ててください」と話しておくのが礼儀だと思います。

非常識でもそんなこと知らん、新しい職場見つかったらあちらが来てほしいという時に急に辞めてやるとまで思ってはいないんでしょう。

今の職場が嫌なの?
以前より離職を考えつつ、うだうだ働いていたけど、
研究係になったから辞めてしまおう!と決意を固めたんでしょう。
一度くらい研究やったことあるならいいけど、
就職してまだやってないなら一回くらい経験した方がいいよ。

004 匿名さん

2018/02/13 17:09

退職の自由はありますから、看護研究のメンバーだろうと役職者だろうと、1か月前に申告すれば堂々と退職することができます(労基上は)。

でも円満退職を目指すなら、せめて早めに申し入れるのが筋だと思います。もちろんみんなが「それなら仕方ないよね」というような理由で退職できるのがベストです。

005 匿名さん

2018/02/13 18:52

看護研究のメンバーでしたが途中で辞めると言いだし、辞めました。引き止められましたが看護研究のメンバーだからという理由では引き止められませんでしたし、前々から看護研究のメンバーが途中で異動になる事もよくあり補充はせずに残ったメンバーでやっていたので、、
もちろんメンバーには抜ける事伝えていましたし、辞めるまでメンバーの1人として資料作ったり色々しました。
でも、仕事より自分優先なので、、途中で抜けるのは申し訳無いと思ったけど仕方ないとこちらも割り切りました

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
825
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
752
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1019
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
733
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
775
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
593
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3383

在胎週数28週の児が出生しました。出生直後より呼吸状態が安定しないため、分娩室でFiO2(吸入酸素濃度)値40%、CPAP(持続的気道陽圧)5~6cmH2Oで管理しています。しかし、酸素飽和度は80%台から上昇を認めず、著明な陥没呼吸が見られ、鼻翼呼吸、多呼吸、チアノーゼ、呻吟も出現しています。体温に留意しながらCPAPを行っていますが、この後に実施すべき処置は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.このままCPAPを続け、動脈血ガス分析を行い、呼吸状態を評価する。
  • 2.適切な酸素飽和度になるよう、FiO2値とCPAPの圧を調節後、マスク&バッグによる用手人工換気へと切り替える。
  • 3.気管挿管後、NICUへ移動し、マイクロバブルテストと胸部X線写真撮影後に呼吸窮迫症候群と診断してから、サーファクタント投与を行う。
  • 4.気管挿管し、直ちにサーファクタント投与を行う。
今日のクイズに挑戦!