PTOT、薬剤師、栄養士も「先生」な当院は正常?

匿名さん

投稿日:2018/02/09 00:15

当方田舎の療養病棟に勤めています。
現在の職場しか職歴がないのですが、皆様の勤め先では、リハスタッフ、栄養士、薬剤師にも「先生」の呼称をつけますか?
当院では当たり前のように行われているのですが、個人的にはとても違和感があって…。
患者さんのやる気を引き出すために、リハスタッフを先生と呼ぶのはまだ理解出来ますが…。
田舎ならではの風習でしょうか…。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

15件中 1~15件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/02/09 00:40

まず、うちでは医者以外は先生と呼びません。
が。

管理栄養士と薬剤師は大学でて学士持ってるから先生呼びでもおかしくはない。PTOTも大卒あるいは今は専門が四年生のところも多くてそこだと学士と同程度だと認められてる高度専門士が取得できるから、先生でもおかしくないかもしれませんね。
ご参考まで文科省の高度専門士を取得できる教育機関です。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/05120607/001.htm

気になるのですが、先生と言うのはスタッフがお互いで呼びあっているのですか?それとも患者さんが呼ばれるんですか?

002 匿名さん

2018/02/09 00:46

私にとって、先生というのは、学校や幼稚園の教員、保育士、塾や習い事などの講師、といった具合に人に何かを教え育てる立場の人間。

だから、私も医師も含めて医療者に先生というのは違和感あります。とはいえ、長年の風習は中々変えられないので、面と向かっては先生と呼びますが、記録や職員間では◯◯医師、◯◯Drと表現します。その他のコメディカルは普通にさん付けです。本当は医師にもさん付けしたい。敬意は払いますよ。

患者さんや第三者相手であれば、先生はもちろん、医師もDrも付けません。呼び捨てです。看護師はじめ医療者によく見かけるのが、患者さん相手に◯◯先生に〜と敬称付ける姿。個人的にはこっちの方が社会人として違和感あります。

003 匿名さん

2018/02/09 05:54

老健で働いています。
入所者さんから『先生』と呼ばれているのは医師とリハスタッフです。リハスタッフ同士がお互いを『先生』と呼び合うためか 入所者さんが呼ぶためかわかりませんが 若手介護士はリハスタッフを『先生』と呼んでいます。
なんとなく違和感ありますね。

004 匿名さん

2018/02/09 08:19

デイですが、うちに24歳のOTがいるんですがまわりから先生、先生と言われてます。
私が後から入ったからなのか掃除やお願いしたいこともまわりは「先生だから…」って特別扱い。

でも私や介護士たちからはやりっぱなしが多くてみんなが我慢してるから最近は私が注意ばっかりしてます。
ちょっと前に言ったことも忘れちゃうんだもの。
困った先生です。

005 匿名さん

2018/02/09 10:22

患者さんにとってはリハは先生だよね、教え導いてくれるんだもの。
看護師は世話する人w

006 匿名さん

2018/02/09 11:28

うちの病院では、医師だけ先生と呼び、リハや栄養士はさんづけで呼んでます。
地域性もあるんじゃないですか。田舎では、葬式の時にお坊さんを先生と呼んでいて引きました。

007 匿名さん

2018/02/09 11:37

小児科勤務です
前は新生児だったからありませんでしたが、話せる子供や親から看護師も先生と呼ばれます
幼稚園の先生、みたいな感じなんですかね
病棟に保育士さんもいるし、ドクターもよく子供のことみに来てくれるし、みーんな先生です
愛称だとおもって特に気にしてません
相手もそんな深く考えてないだろうし

008 匿名さん

2018/02/09 12:26

職員間は医師を除いて全職種とも基本的にさん付けで呼び合っています。役職者に対しては職種問わず○○主任、○○係長などと役職名で呼びます。
認知症病棟なので、患者さんに話すときはリハビリの先生が~、栄養の先生に~などと説明することが多いです。尊称というより専門職を表現するニュアンスで、患者さん自身の認識や表現に沿う意味でも理解されやすいので。頭のしっかりしている方に対してはOTの○○さんが~とか○○栄養士に~などと正しい職種名で話します。
患者さんのほうは職員を一律に先生呼びする方も多いです。看護師に対しても先生と呼ぶ方が1/3くらい、後は看護婦さん、看護師さんのほか、姉ちゃん、お姉さん、おかあさん、ママなど。看護師やOTを個人名で○○さんと呼んでくれるのは認知症ではなく精神疾患の患者さん数名くらいです。

009

2018/02/09 12:41

コメント主により削除されました

010 匿名さん

2018/02/09 15:43

療養型病院勤務ですが、もう十数年も前にコメディカル同士の「先生」の呼び合いは禁止になりました。
禁止になったと言っても呼び合っていたのは理学療法士同士か患者さんか介護職員が呼んでる程度でしたが。
私自身は別にこだわりは無いのでどっちでもいいかな。
先生と呼ばれた方が都合が良いのであれば呼びます。
リハの方々は毎日本当によく勉強してますし、看護師たちへの協力も嫌がることなくやってくれますから尊敬できる人が多いです。
でも患者さんには結構罵声を浴びることもあるようです。
「先生」として名ばかりでも尊重されリハが進むのであれば、それはそれで患者の為でもあります。

011 匿名さん

2018/02/09 19:38

>>1です。
皆様返信ありがとうございます。

当院では、医者ですら「薬剤師の先生と〜」と仰るので違和感がものすごくて。
リハビリ意欲向上のために、患者さんに対しては「リハビリの先生が来ますからね」などとは言いますが…。
風土かもしれませんし、気にせず働こうと思います。

012 匿名さん

2018/02/09 21:55

自分のとこは医師とリハさんと心理士が先生と呼ばれてます。
ただし皆ではなく人それぞれです。
自分も小児科にいるのですが看護師が患者や親から先生と呼ばれることはないですね。

013 匿名さん

2018/02/10 01:01

職員同士の呼び方ですよね。
地方都市総合病院は医者だけ○○先生、他は名字にさんづけ。
地方都市個人病院ではリハと薬剤師に先生がついていました。
職員同士で「○○先生」は違和感ありますね

田舎は多分おじいさんおばあさんは白衣の人はセンセーって呼んどけば失礼はないと思ってるんではないかな。
看護師さんは、看護婦時代から仕事名ににさんづけか名字にさんづけで嫌じゃないです。
保育園で先生って呼ばれてたときはイヤイヤイヤイヤって思ってたけど、子供たちはそっちの方が呼びやすいからしょうがない。

014 匿名さん

2018/02/13 17:26

患者さんは好きな風に呼べばいいと思いますが、コメディカル同士が「○○先生」と呼び合ってるのは個人的に違和感がすごくあります。でも病院によって異なるローカルルールなんでしょうね、こればっかりは。

015 匿名さん

2018/02/18 15:11

リハと薬剤師はともかく、最近はMEまでお互いを先生呼びしはじめてあほかと。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

15件中 1~15件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

フリートーク トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「師長自慢」ありますか?

投票数:
812
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
791
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
708
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
959
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
694
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
712
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
468
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2088

末梢静脈から抗がん剤を投与する際、注意することとして間違っているのは、以下のうちどれでしょうか?

  • 1.放射線治療を受けた部位の穿刺は避ける。
  • 2.利き手への穿刺は避ける。
  • 3.抗がん剤投与を繰り返している部位への穿刺は避ける。
  • 4.血管が見えている部位であれば、どこを穿刺しても構わない。
今日のクイズに挑戦!