困っています。スタッフ教育。

匿名さん

投稿日:2018/01/09 10:05

日々の業務お疲れ様です。
看護研修で考えても考えても良い案が思いつかないため、参考意見をいただきたいです。
病棟であることを取り入れたく、スタッフに学習会やデモストレーションを実施したのですが、病棟に定着しません。
スタッフがあまり興味をもたず、自分には関係ないと思っているからかもしれません。

学習会やデモストレーションなど以外でスタッフに定着させる方法はなにがありますでしょうか??
なかなか声かけでは定着しません。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2018/01/09 13:13

具体的には何を定着させたいのですか?
スタッフに興味をもたせ、自分が当事者であると思わせるにはどうすればいいかってことですよね。曖昧な問いに対して一般論で回答するのは無理では?
従来の方法より手間暇かかることならその意義やリスクが体感として理解できていないと難しいでしょうし、業務に直接関わらない事項ならふーんで終わっても仕方ないような。

002 匿名さん

2018/01/09 14:26

>001 匿名さんさん
>> 具体的には何を定着させたいのですか?
>> スタッフに興味をもたせ、自分が当事者であると思わせるにはどうすればいいかってことですよね。曖昧な問いに対して一般論で回答するのは無理では?
>> 従来の方法より手間暇かかることならその意義やリスクが体感として理解できていないと難しいでしょうし、業務に直接関わらない事項ならふーんで終わっても仕方ないような。

KYTの視点から、指先の徹底をしたく危険予知の習慣を定着させたいです。
業務には関わることで、今、確認不足からのインシデントがかなり多いので、減らすために取り入れたいのですが。。

003 匿名さん

2018/01/09 14:35

スタッフに自分ごと化して欲しいというこです!

004 匿名さん

2018/01/09 17:17

難しいですよね!
実際にかなり定着しがたいと思います。
教育でも散々言われてきてもう三年たつのですがやはりしないです。
やらない理由はやはりそれをしなかったときの怖さを知らないからです。
前いた科では指差ししていたにも関わらず患者違いが連発しました。
要因としてやはり忙しさがあるからです…
結局のとこ指差ししてもなんとなくでやっていれば間違えてしまうんです。
事例や研究結果をもちいてそこの意識を改善しないことには指差ししても形だけになると思います。
自分は1度恐い思いをしたので指差しはしないですが何度も名前確認をします。

005 匿名さん

2018/01/09 17:29

>004 匿名さんさん
>> 難しいですよね!
>> 実際にかなり定着しがたいと思います。
>> 教育でも散々言われてきてもう三年たつのですがやはりしないです。
>> やらない理由はやはりそれをしなかったときの怖さを知らないからです。
>> 前いた科では指差ししていたにも関わらず患者違いが連発しました。
>> 要因としてやはり忙しさがあるからです…
>> 結局のとこ指差ししてもなんとなくでやっていれば間違えてしまうんです。
>> 事例や研究結果をもちいてそこの意識を改善しないことには指差ししても形だけになると思います。
>> 自分は1度恐い思いをしたので指差しはしないですが何度も名前確認をします。


ありがとうございます。
やはり、怖さを知っていたりそれをしなかったらどうなるか、危機感がある方はしっかりしています。
しかし、しなくても問題ない。と他人事の方もやはり多いです。
危機感を持ってもらえたら多少変化があるかなとは思うのですが。

006 匿名さん

2018/01/10 10:11

古参には根気よく年1ぐらいで続けるしか無いと思います。

一番手っ取り早いのは、来期からの新人教育に取り入れることだと思います。
それも最初はイラストによるKYTシートの導入がいいかと思います。
そこから年次単位でイラストより文字、文章、表やグラフ等を多くしていけば
5年後には半分ぐらいは定着するかもしれません。
そうなったら年1の定期研修は中止していいと思います。

管理職ナースと話し合っては如何でしょうか?

007 匿名さん

2018/01/11 22:34

お疲れ様です。うちの病棟でも、時間外の勉強会では参加者は決まってしまうので、定着しずらいです。なので、午後にカンファレンスの時間があるので、インシデントでた時にカンファレンスの議題をそれにしても話し合ってるって感じです。なので、逆にインシデントを隠蔽しようとする人もいますが…。みんなに定着していくのは難しいですね…。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

プリセプターの皆さん!新人との距離感に悩んでいませんか?

6月も終盤、今後の研修を有効活用するためのコツを伝授します。今年プリをやっているナース必見! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
935
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
645
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
570
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
664
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日

救急車の有料化、いくらくらいなら「妥当」だと思う?

投票数:
471
実施期間:
2018年06月22日 2018年07月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者364

COPD患者さんの薬物療法の説明で、最も正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.COPDの薬物療法は、気管支拡張薬である抗コリン薬と、β 2刺激薬の吸入が汎用される。
  • 2.長時間作用性抗コリン薬は、既往歴にかかわわらず、COPD患者さんであれば使用できる。
  • 3.短時間作用性気管支拡張薬は、安定期の治療に用いられる。
  • 4.COPD患者さんの呼吸困難の改善に、吸入ステロイドが用いられる。
今日のクイズに挑戦!