スタンダードプリコーションって、いつ頃から当たり前に?

匿名さん

投稿日:2017/10/19 05:37

今年卒業して、一般病院に就職しました。
そこは、学生時代からそこで働きながらライセンスを取った人が多く
彼女達(いわゆる生え抜き)が要職についています。

知識も技術も尊敬できる部分も多いのですが、
唯一、感染への認識は現代の教育と大きな差があると感じます。

ミキシング針を使うときも素手でが基本(手袋はそこにはない)、
長い人ほどオムツ交換も素手で行うと言った感じです。

そこで質問なのですが、スタンダードプリコーションが
現場で定着したのはいつ頃からですか?
20-30年前は学校でもそう言う教育はなかったのでしょうか?
その頃は、オムツ交換も素手が基本だったのでしょうか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/10/19 12:19

看護師資格とって23年経ちます。最初に勤めたのが公立でオムツ交換は手袋してました。ただ、ミキシングの際は手袋無し。その後(今から20年前)個人病院に転職しました。手袋なしでのオムツ交換でしたね。「手袋つける」=患者を汚い扱いみたいな…
スタンダードプリコーションはいつからか始まりましたね。

002 匿名さん

2017/10/19 13:04

看護師免許取得して12年ですが、基礎看護の授業でスタンダートプリコーションについてこれでもかと叩き込まれました。
だからその辺りにはもう確立していたはずです。

003 匿名さん

2017/10/19 17:59

1996年にアメリカ疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)が発行した隔離予防策ガイドラインにより提唱された。
ということで、現在の予防策はそれ以降 なんでしょうね。

おむつなんてそれ以前から手袋を使ってます。

1996年以前も、その頃の標準予防策があったと思う。時代によって標準も変わる。

004 匿名さん

2017/10/21 17:09

看護師免許取得して18年目です。
学生時代は習った記憶はないですね。感染対策が大事とは言われていたけど、実習で老健施設の褥創ある方は「乾燥タイム」と呼ばれる尻出して時間あったし、アルコール綿はゴム手袋はめて滅菌された万能瓶に手作りしてました。
就職して2~3年目位から、色々な道具が滅菌されたものに変わったし、人工呼吸器の回路を自分たちで分解消毒&組み立てしなくて良くなりました。
流石にオムツは手袋してましたが、使用済みオムツを床に落として変えたりしてました。
乾癬も六一〇ハップ風呂&8時間おき消毒だった。

005 匿名さん

2017/10/22 16:55

トピ主です。

ありがとうございます。とても参考になりました。
マニュアルはあるんです、明らかに監査用で定着してませんが。
でも転職者は実行してます。

1つのところにずっといて、外部の研修にも行ってないのかもしれませんね。
私も時代とともに変わる常識から外れないように、知識をアップデートして行きたいと思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
819
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
742
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1003
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
726
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
763
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
569
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者846

在胎週数28週の児が出生しました。出生直後より呼吸状態が安定しないため、分娩室でFiO2(吸入酸素濃度)値40%、CPAP(持続的気道陽圧)5~6cmH2Oで管理しています。しかし、酸素飽和度は80%台から上昇を認めず、著明な陥没呼吸が見られ、鼻翼呼吸、多呼吸、チアノーゼ、呻吟も出現しています。体温に留意しながらCPAPを行っていますが、この後に実施すべき処置は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.このままCPAPを続け、動脈血ガス分析を行い、呼吸状態を評価する。
  • 2.適切な酸素飽和度になるよう、FiO2値とCPAPの圧を調節後、マスク&バッグによる用手人工換気へと切り替える。
  • 3.気管挿管後、NICUへ移動し、マイクロバブルテストと胸部X線写真撮影後に呼吸窮迫症候群と診断してから、サーファクタント投与を行う。
  • 4.気管挿管し、直ちにサーファクタント投与を行う。
今日のクイズに挑戦!