急性期か療養に転職

匿名さん

投稿日:2017/10/17 23:15

ご相談したいです。

3年ちょっと急性期で働き、体調を崩し辞めました。その後、美容皮膚科に転職しましたがやっぱり看護がしたいと思い早期退職いたしました。
体調もやっと戻り、転職に悩んでいます。急性期でもっと勉強したいという気持ちと慢性期で患者さんひとりひとりとゆっくり関わりたいという気持ちがあります。
まだ20代半ばなので経験を積みたいですが、慢性期で働いたことがないので働いている方いましたらどのような感じか教えていただきたいです。
ちなみに急性期は内科、外科両方で勤務しました。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/10/17 23:20

慢性期は慢性期で色々やることあります
急性期ほど緊迫感はないにしても「患者さんひとりひとりとゆっくり関わりたい」は正直無理です

002 匿名さん

2017/10/18 00:43

>001 匿名さんさん
>> 慢性期は慢性期で色々やることあります
>> 急性期ほど緊迫感はないにしても「患者さんひとりひとりとゆっくり関わりたい」は正直無理です

そうですよね。入院期間も長いと思うので、患者さんやその家族と関わることが多い分、急性期よりは信頼関係が築けるかなと思ったのですがそうでもないのですね。
返信ありがとうございます(><)

003 匿名さん

2017/10/18 10:57

うーん。急性期はご経験あるんですよね?
急性期で働いていた時、平日の日勤で受け持つ患者さんは何人くらいでしたか?

例えば平日日勤5人受け持っていた…と仮定して、
慢性期では平日日勤で10-15人受け持ちます。
看護師配置基準がありますし、
どこも最低限の看護師でまわしていきたいはずなので…


そのため、受け持ち全員のオムツ交換、清拭(入浴介助)、食事介助、褥瘡の措置、…やら何やら、最低限のことを流れ作業的にしてたら1日終わっちゃいますよ。

1人1人の患者さんのところにゆっくり訪室して…とか、
お話しして…とか、そんな暇がないです…
爪切りや耳かきをしてあげる余裕もなく、
爪の長さがはんっぱない人もいたくらいです。

私も慢性期の方が…と思い転職したことがありますが、
さっぱりでした。
食事介助も1人で5人とかやらないといけない。
(慢性期ですと介護的業務も多く、介護士さんが多く配置されていました。介護士さんの目線と看護師の目線がまっっったく合わない。)
嚥下を確認しながら食事介助したいのに、せかしてくるせかしてくる…。
介護士さんはまるでフォアグラ用のガチョウか?と思うくらいに患者さんの口に食事を詰め込む詰め込む…

理由を問うと、介護士さんとしては、カルテに「全量摂取」って書きたいらしい。時間内に食事が終わらない。口から食べれるなら口から食べさせよう。
こんな感じ。

看護師がアセスメントして、これは経口摂取はもう…控えた方がよいのでは?と思われる誤嚥性肺炎繰り返してる方でも御構い無し。いくらアセスメントしても「看護師だからって偉そうに」みたいな反応くらっておしまい。

でも家族の前では猫かぶっている。

全然患者さんとの時間をどーのとか言える感じじゃなくて辞めましたよ。

004 匿名さん

2017/10/18 14:43

急性期や慢性期ってのも一つの違いですが、病院によっても大きく異なるように思います。急性期もまじってるような慢性期もあるし、あんまり変化のない急性期もあるし。。。実際の病院で比較してみたらどうでしょう。慢性期だから時間があるというのは全く間違ってると思います。

005 匿名さん

2017/10/19 01:57

急性期の方が人員配置多いので看護師一人が診る患者数は少なくて密に関われますよね。
なんちゃって急性期な所もありますし、そういうところだとよく関われたなって今思い返しています。
個人的にはICUのが診る患者数少なくてじっくりその人のこと診て、考えられるし好きでしたけどね。

006 匿名さん

2017/10/19 06:59

私など施設ですが、それこそ一人一人とゆったり関わるなんてあり得ない。
うっかりすると介護さんに、状態の報告をされて気づくくらい。
見てないというより、どこへいっても個人が見る範囲って膨大だと思うのです。
1つの用事で訪室すれば別の方から違う用を声かけられたり、予定外のことがあったり、それらをまた対処したり申し送ったり。膨大!
ゆったりかかわってる人がいたら?
そんなで勤まりきる場所ってあるのかしら??

007 匿名さん

2017/10/19 12:28

療養は看護師配置が20対1のため半端なく受け持ちが多い。胃ろう、気切、cv、徘徊、転倒、離院…
様々な患者の管理をしなければならないから、寄り添う看護は無理。介護職との協働も大変。介護の目線と看護の目線は全く違います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
194
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者275

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!