重症心身障害児の療育

匿名さん

投稿日:2017/10/02 19:21

重症心身障害児の療育で
何が1番必要だと思いますか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/10/02 19:34

実習前恒例、学生の丸投げ質問?

002 よっしー

2017/10/02 19:51

>001 匿名さんさん
>> 実習前恒例、学生の丸投げ質問?

新人看護師です、私の考えはまとまっているのですが他の方の意見を聞いてみたかったので!

003 匿名さん

2017/10/02 20:30

誰かに問われたの?

自問してるの?それって新人看護師はしない方がいいよ。
1番必要なんてきめられないし、わかんなくなるだけだから。
重症心身障害児といっても年齢それぞれ、
重症のレベルも違うからコミュニケーションとれるかどうかだけでもかわってくるよ。

004 匿名さん

2017/10/03 08:53

ざっくりしすぎですよ。
誰目線かもわかりません。主体は児ですが、看護師が看護する上での話なのか、親に指導するための親目線なのか…。
親に捨てられて入所の子もいるから、そうなってくると、愛情も余計にプラスした関わりが必要です。

005 よっしー

2017/10/03 11:25

看護師目線の話です。副師長に問われました。
私は
愛情をこめて話しかけやふれあいをして
自分の存在を確かめてもらうこと
だと答えましたが…どうなんでしょう

006 匿名さん

2017/10/03 15:55

>005 よっしーさん
>> 看護師目線の話です。副師長に問われました。
>> 私は
>> 愛情をこめて話しかけやふれあいをして
>> 自分の存在を確かめてもらうこと
>> だと答えましたが…どうなんでしょう

素敵な答えですね。
でも看護学生でも同じように答えるかもしれません。

看護師ならではの現実的な視点からの答えを考えてみてはどうでしょうか。

007 匿名さん

2017/10/03 18:18

正解はひとつではなく、たくさんあるから、
その副師長の気持ちによって良しとなるかどうか判定あ変わると思います。
主さんの「愛情をこめて話しかけやふれあいをして自分の存在を確かめてもらうことだと答えました」
でも悪くはないけど、
重症心身障害児の療育で1番必要なことが精神論だけでいいのかな。

008 匿名さん

2017/10/03 20:35

誰かの答えではなくあなた自身の考えなんじゃないの?
丸投げだと思われても仕方ない

  • 前のページへ
  • 次のページへ

8件中 1~8件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

栄養剤の投与で見るべきポイント、押さえました

栄養剤注入を「投与前」「投与中」「投与終了後」に分け、流れに沿って、それぞれの基本的な注意点・看護のポイントを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1528
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
595
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
583
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
534
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
563
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日

セクハラ・パワハラ…被害に遭ったことありますか?

投票数:
194
実施期間:
2017年12月18日 2018年01月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者191

重症敗血症における栄養療法についての記述で最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.栄養療法は48時間以内に開始すべきである。
  • 2.immunonutritionを積極的に行う。
  • 3.目標投与カロリーに到達しない場合は、補足的静脈栄養を積極的に行う。
  • 4.可能な限り1週間以内で目標カロリーに到達させる。
今日のクイズに挑戦!