採血について

匿名さん

投稿日:2017/09/22 18:06

基本的な内容ですみません(>_<)
血糖一本のみの採血の場合、シリンジで採らなければいけないのでしょうか?
真空管でもいいのでしょうか?
(先輩によって意見が違うので教えてください。)
また普段は真空管採血なのですが、一本の時絶対シリンジで採らなければいけないのは、
凝固と血算で間違えていないでしょうか?
初歩的ですみませんがお願いします(>_<)

  • 前のページへ
  • 次のページへ

15件中 1~15件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/09/22 19:02

何でしょうねぇ。
1本なら直針に採血管ホルダーの方がシリンジ+針よりもコストが安いのに。

勉強不足で回答出来ずスミマセン。

002 匿名さん

2017/09/22 21:40

真空管採血でとることありますけど…
血算も単品真空管採血ダメなんですか?初耳でした。
もしも先輩が「抗凝固剤が入ってるから」って理由でダメだというなら、凝固・血算・血糖のスピッツに入ってる抗凝固剤はそれぞれ中身が違います。
凝固は必ず定量の血液を入れないとデータが狂いますが、血算と凝固は少なめでも影響はほとんどないです。

003 匿名さん

2017/09/22 22:04

血糖一本のみの採血の場合、シリンジで採らなければいけないのでしょうか?

A そんなことはない。コストの違いをいいたいのか、2先輩の理由2通りききたい。

一本の時絶対シリンジで採らなければいけないのは、
凝固と血算で間違えていないでしょうか?

A 絶対シリンジってことはない。
もしかして抗凝固剤が逆流して体内に入るかもしれないからシリンジってこだわる人がいるのかしら。
行き付けの検診センターも病院も真空管使ってるけど。

なかなか採血できない人はシリンジ使うこともあるけど。
絶対って、なんで?
こっちがききたい。

004 匿名さん

2017/09/22 22:44

>001 匿名さんさん
>> 何でしょうねぇ。
>> 1本なら直針に採血管ホルダーの方がシリンジ+針よりもコストが安いのに。
>>
>> 勉強不足で回答出来ずスミマセン。

いいえ、こちらこそ返信していただいて
ありがとうございます。

005 匿名さん

2017/09/22 22:56

>002 匿名さんさん

今日血算一本を真空管(翼状針)で採ろうとしたら、注意されたので質問させてもらいました(^^;)笑
たぶん翼状針のルート内のエアー分が足りないから?って以前何かで習ったかもしれません。
たしかに先輩方はスピッツ一本だと針付きシリンジで採る方が多いです。
凝固はシリンジでって習いました。
丁寧に解答していただきありがとうございました。

006 匿名さん

2017/09/22 23:06

>003 匿名さんさん


私の職場は主に真空管に翼状針を付けて採るの
ですが、血算をそれで採るとルート内のエアー分足りなくなるからと以前聞いたことがあります。でも一般的には必ずしもそうではないみたいですね(^^;)
わかりやすく解答していただきありがとうございます。

007 匿名さん

2017/09/23 00:29

>006 匿名さんさん
>> >003 匿名さんさん
>>
>>
>> 私の職場は主に真空管に翼状針を付けて採るの
>> ですが、血算をそれで採るとルート内のエアー分足りなくなるからと以前聞いたことがあります。でも一般的には必ずしもそうではないみたいですね(^^;)
>> わかりやすく解答していただきありがとうございます。

006さんはトピ主さんですか?
だとしたら、最初から翼状針の件を書いてくれたほうが二度手間にならないんですが。
別の方だとしたら、あー、翼状針だとその考え方があったか。
ということで納得。
それだと、凝固系には不足するでしょうね。
血算だと少なめでも大丈夫って2.0mlのところを小児科で1.5でやってるけど。

008 匿名さん

2017/09/23 06:20

>007 匿名さんさん
>> >006 匿名さん

トピ主です。

説明がわかりにくくてすみません。(>_<)

つまり、真空管に翼状針の場合

凝固…シリンジ
血算、血糖…量が足りたら真空管に翼状針でも
大丈夫

ということでしょうか?
私自身も針付きのシリンジで採るのが苦手なので慣れていきたいです。

009 匿名さん

2017/09/23 12:03

同じ職場でも先輩によって意見が違うのでしたら、
ここでの意見は参考に留めてください。
「翼状針のルート内のエアー分が足りないから?って以前何かで習ったかもしれません。凝固はシリンジでって習いました。」
職場でそう習ったのなら無理に抗う必要はないんだから、

私の意見としては
凝固…シリンジ
血算、血糖…量が足りたら真空管に翼状針でいいです。
ただ、凝固のみ検査することは取り直しの場合以外は滅多にないでしょう。それなら翼状針の場合、別の検体の次に凝固にすれば少なくなるってこともないでしょう。

余談ですが、出血しやすい患者さんには真空採血だと刺激強いからシリンジで採血するように昔は言われたけど、あれは普及し初めてまだ真空管採血になれない看護師が多くて下手だったからかなー。

010 匿名さん

2017/09/23 14:03

全部真空管でホルダーつけてとってます。
空気の分の血液ってさほどかわらないし、どうしてもとれない患者さんのものは規定の量より少なくても大丈夫と検査室から言われました。足りなければとりなおしになりますが、今のところ真空管でとってもとりなおしは一度もないですね。
病院によって決まりがあるので合わせといた方が無難ですが。

011 匿名さん

2017/09/24 11:44

>009 匿名さんさん

わかりやすくご意見ありがとうございます。

職場の方に一度確認して、そのやり方に合わせようと思います。

012 匿名さん

2017/09/24 11:48

>010 匿名さん
解答ありがとうございます。
全部真空管で採られてるんですね。
病院によって全くやり方が異なるとわかりました。
職場の方に確認してみようと思います。

013 匿名さん

2017/09/24 23:26

感染と安全の観点からは、一本でも真空採血すべきです。シリンジで採血して、スピッツに入れる時に、針刺しするリスクが高まります。お金の問題は気にしないことが一番。後は、たぶん凝固採血は採血量が初代量ぴったりでないと、検査結果のあたいが変わります。スピッツによってラインが見えにくかったりするので、シリンジでとって入れるようにしてるとおもいますが、ここも、原則真空採血管でするべきです。方法は、翼付き針が使える、真空採血
を使ってスピッツを立ててしっかり必要量が確認してから外すことです、これまた、コストはかかりますが、安全には、お金はある程度かけてもらってくだい、

014

2017/09/27 19:00

コメント主により削除されました

015 匿名さん

2017/09/27 19:05

>013 匿名さん

たしかにシリンジで採ると針刺しのリスクが高まりますよね。
できる限り安全な方法で採血していきたいです。
解答ありがとうございます。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

15件中 1~15件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

看護・ケア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
902
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
819
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
808
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
763
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
621
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
699
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
668
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
508
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者138

慢性関節リウマチの加療中に肺炎を来し、一般病棟に入院中の70歳女性。呼吸停止に陥ったため、バッグマスク換気後に、医師が喉頭鏡を使用した気管挿管を試みていますが、挿管困難の状態です。SpO2は85%を示しています。経口気管挿管時の困難事例への介助方法として、適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.高さ5~10cm程度の枕を頭下に挿入し、患者さんの体位を整える。
  • 2.30秒経っても気管挿管が成功しない場合には、バッグマスク換気をすることを医師に伝える。
  • 3.エアウェイスコープ®やMcGRATHTMなどのビデオ喉頭鏡の使用も考慮する。
  • 4.輪状軟骨圧迫法を実施する。
今日のクイズに挑戦!