育休延長について

匿名さん

投稿日:2017/09/21 21:33

育休延長について
育休を1年とって11月に復帰予定でした。
しかし、夫が育休中に急遽単身赴任となり、年末までワンオペ育児ということで、復帰を年初めまで伸ばしてもらいました。
復帰後は時短をとって4月までは職場の託児所に預けて働く予定で、その後は保育園に入れたいと思っています。
お互いの実家は遠方なので協力はお願いできません。

しかし、夫の単身赴任が3月いっぱいまで延びたこと、託児所に見学に行ったところ、慣らし保育がなく、復帰初日からフルで預けなければいけないということが判明し、再度育休を伸ばしてもらいたいとおもっています。
育休は3年はとれる規定にはなっています。

シングルマザーの方や、元々単身赴任の旦那様をお持ちの方が頑張って働いているのはわかっているのですが、急に1日預けられて不安定になっている子供と仕事を両立できる自信がありません。
また見学に行った際にここに預けてもいいのかと漠然な不安が出てきてしまいました。(あまり良い印象ではなかった)
なにより慣らし保育なしで急に子供を1日預けなければならないことに抵抗があるのです。

ただ、育休を一度伸ばしてもらって再度育休を伸ばして貰うことは申し訳なく思っているし、許可してもらえるかも分かりません。

育休を2度伸ばした方やそのような悩みを持っていた方、慣らし保育がなくても大丈夫だった!という方がいましたらお話を聞かせて頂きたいです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

1件中 1~1件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/09/21 22:53

私は予定通りに働き始める予定なので、友人や知人の情報を含めて書きます。
・慣らし保育はある所とない所とある。希望である所も。
・子供は最初は寂しがるけどすぐ慣れる
・入ってみないと良いかどうかは分からない
と言ってました。
でも、復帰直後からフルタイム&夫がいないのは結構大変ですよね…久しぶり勤務だし子供見ながらだし。うちは夫は朝早く帰り遅いので協力不可なので朝だけでも時短にしたい(笑)
事情を話して育休を伸ばして、その間に納得いく保育施設を探すのも良いのではないでしょうか。ただ、手当は出ませんが。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

1件中 1~1件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

子育て・家庭 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1235
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1151
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1045
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1084
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
799
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
398
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者149

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!