採血の神経損傷について

匿名さん

投稿日:2017/07/16 18:53

3年目看護師です。
この間採血をした際、患者さんから痛みの訴えがあり内出血もみられたため抜針しました。
その日はそれ以上表出はなかったのですが、翌々日にに看護師が話を聞いた際、穿刺した部位に時折しびれがあると表出がありました。
継続的にではなく動かしたときに時折とのことで、このまま症状が続く場合には整形外科受診になりました。
ちなみに肘の尺骨側に穿刺しています。
記録を見る限りほとんど痺れの表出はないようてすが、申し訳ない思いもあり、不安でもあります。
このまま症状が治らない可能性もあるのでしょうか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/07/16 19:03

私は自分が患者になったときに、神経に当たってめっちゃ痛かったです。
最初はしばらく痛くて、その後は2ヶ月くらい、手首を動かすだけでも痺れて違和感がありました。右手だったので字を書くのも最初はきつく、採血や点滴も出来ませんでしたが徐々に改善し今は治りました。
少しずつ改善しているようなら大丈夫とは思いますが、結構時間がかかると思います。

002 匿名さん

2017/07/16 19:10

治療方法としては今後ビタミン剤などの内服が始まり様子観察となっていくと思います。
採血って怖いんですよ。
私は健診で小児採血をしなければならなくなり(小学校○年生、県内全域をカバーしてる健診機関でしたので、対象人数は一千人を越えてると思います)必死でしたが、やはり子供ですのでしびれなどの訴えもあり、こちらの心が病んでしまい退職しました。

入院患者様にはまずは誠意をもってお詫びしましょう。あと、看護師の賠償保険入ってますか?裁判沙汰もありえるので、弁護士特約なども見直したほうがよいと思いますよ

003

2017/07/16 19:31

コメント主により削除されました

004

2017/07/16 19:35

コメント主により削除されました

005 匿名さん

2017/07/16 19:50

>002 匿名さんさん
コメントありがとうございます!
やはり裁判についても考えたほうがいいのですかね…
今年は賠償保険の更新をし忘れていたので、近々入ろうとおもっています。
今回のことで責任の重さを痛感し、仕事をするのがとてもこわくなってしまいました。
この先今の職場で続けていけるか不安です。

006 匿名さん

2017/07/16 19:53

>001 匿名さんさん
コメントありがとうございます!
やはり採血ってこわいですね。
今までかなりの回数をこなしてきたしたがこのようなことは初めてで、責任のある仕事だと痛感しこわくなりました。
主さんのように、時間はかかっても治ってほしいです。

007 匿名さん

2017/07/17 10:20

>005 匿名さんさん
>> >002 匿名さんさん
>> コメントありがとうございます!
>> やはり裁判についても考えたほうがいいのですかね…
>> 今年は賠償保険の更新をし忘れていたので、近々入ろうとおもっています。
>> 今回のことで責任の重さを痛感し、仕事をするのがとてもこわくなってしまいました。
>> この先今の職場で続けていけるか不安です。

私たちの仕事ってこういうリスクと向き合わせなんですよね。一つ一つの仕事を確実に誠実にしていくしかないと思います。
採血事故って自分を責めまくりますが、あまり落ち込まないでね

  • 前のページへ
  • 次のページへ

7件中 1~7件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
526
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者489

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!