過食嘔吐の新人看護師

匿名さん

投稿日:2017/07/16 15:32

2年前の看護学生時代に過食嘔吐になりました。
今年の4月に入職してからその頻度が増え、過食嘔吐を繰り返すたびに愚かな自分が情けなく自殺してしまいたいという気持ちに駆られます。

自分が過食嘔吐だということを周りに打ち明けることもできず、また、自分で解決することもできず苦しいです。

甘えかもしれませんが、この状態のまま看護師を続けていける自信がないです。
何かアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/07/16 15:36

きちんと受診してカウンセリング受けて。

002 匿名さん

2017/07/16 17:21

自殺企図があるならもう、心療内科行くべき。
仕事は二の次。

003 匿名さん

2017/07/16 18:00

過食症や拒食症は立派に病気です。
甘え、とかではないです。自分ではコントロールしようと思ってもなかなか出来ません。心療内科に受診して下さい。

004 匿名さん

2017/07/16 19:51

私も過食嘔吐もち、もぉ5年以上です。受診もさてますがたいして変わらず。でも私には他にできる仕事もないし、メンタルコントロールしながら仕事できてますよ。

005 匿名さん

2017/07/16 19:58

>001 匿名さんさん
>> きちんと受診してカウンセリング受けて。

トピック主です。
後日近くの心療内科に受診しようと思います。
アドバイスありがとうございます!

006 匿名さん

2017/07/16 22:01

心療内科もしくは精神科に受診した方がいいですよ。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

6件中 1~6件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
526
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者525

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!