同じ病棟の看護師たちの僻み?

匿名さん

投稿日:2017/05/18 12:41

同じ病棟の看護師で、Drや男性看護師とか患者さんとかにも、やたらモテる先輩看護師がいます。すごく美人というわけではないけど、顔は愛嬌があって行動とか言動が可愛らしい人です。
私は、性格も良くて一生懸命教えてくれるその先輩のことが好きなのですが、同期の子や他の先輩看護師の一部がすごく嫌っています。
いつも悪口を言っていて、私に同意を求めてくることもあって困っています。
内容もDrに媚を売っているとか、たいして可愛くないくせにぶりっ子してるとか、大抵看護師とは関係のないことで文句を言っています。
確かに同性には好かれなさそうな感じの雰囲気はありますが、全然ぶりっ子じゃないし優しい先輩なのですごく悔しいです。
私はまだ2年目で、なかなかはっきりと物事を言える性格でもないため、悩んでいます。
同意を求められたりしたら、どうやって乗り切ったらいいと思いますか?
女性の職場は色々あると思いますが、経験談や、何か解決策とかアドバイスとかいただけたら嬉しいです。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/05/18 13:11

えっ?そうなんですか?私疎いから全然気になっていませんでしたとサラッと言っておきます。
そういうの、めんどくさくてやなんだよね。

002 匿名さん

2017/05/18 14:45

うちの病棟の、ドクターとお付き合いしてる先輩は太めの人。それが気に入らないお姉さま方は悪口言ってますが、その先輩は後輩の面倒見がよくていつもにこにこしていて患者さんたちにも優しいです。

嫉妬してるんですよね、その太めの先輩に。
女の世界あるあるですよ。

私もそんな下らない悪口ふられても「噂話よくわからないんで…」とスルーです。

003 匿名さん

2017/05/18 14:47

あっ、そうなんですかーー。と流すかスルーするか、、ですね

004 匿名さん

2017/05/18 15:32

わかるー

005 匿名さん

2017/05/18 21:27

嫉妬だよ、それ。

そうかなーとかで聞き流す。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

お悩み・相談 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

「フレイル」ってわかる?老年看護の新用語を解説

2018年の看護師国家試験から出題範囲に含まれた新用語群を解説します。 [ 記事を読む ]

頭痛の時に痛みを感じているのは脳?

見逃すとこわい「頭痛」。なぜ、痛みを感じるのか、どこを観察するかなどを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

EPA外国人看護師と協働したことある?

投票数:
630
実施期間:
2017年10月03日 2017年10月24日

あなたの通勤方法は?

投票数:
749
実施期間:
2017年10月06日 2017年10月27日

今年のハロウィンの予定は?

投票数:
654
実施期間:
2017年10月10日 2017年10月31日

退院調整看護師と協働したことある?

投票数:
571
実施期間:
2017年10月13日 2017年11月03日

自分が服用するなら、先発医薬品?後発医薬品?

投票数:
536
実施期間:
2017年10月17日 2017年11月07日

ホスピタルアートに興味ある?

投票数:
458
実施期間:
2017年10月20日 2017年11月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者212

Aさんは40代男性で、統合失調症と診断されています。18歳の時に発症し、これまでに5回の入院歴があります。入院後も自閉的な生活が続いており、ほとんどほかの患者さんとの交流はありません。最近は一日中コップを片手に持ち、洗面所と部屋を行き来するなど飲水行為が目立っています。身長168cm、今朝の起床時の体重は60kgでしたが、昼食後に再度測定すると、67kgまで増加していました。表情もボーっとしており、問いかけにも返答がありません。歩行時にふらつきが見られ、昼食前にズボンの前を濡らしたまま歩いていました(尿失禁)。このような状態の多飲水患者さんへの看護として最優先される対応はどれでしょうか?

  • 1.患者に朝と夜に体重測定を行ってもらい、1日で摂取できる水分量を伝え、それをうまく配分、コントロールできるよう看護師が教育的な援助を行う。
  • 2.水に集中している意識がほかのものに向くよう、作業療法やレクリエーションなどを導入し、気分転換を図るよう援助する。
  • 3.コップを看護師が管理し、飲水量を厳しくチェックする。それでも飲水が止まらず体重がプラス5kgになれば、保護室で隔離を行い、水分摂取を強制的に制限する。
  • 4.Aさんは、昼食後の体重が基礎体重よりプラス5%を超えており、意識障害も疑われるため、血液検査を考慮する。
今日のクイズに挑戦!