どう付き合っていけばいいのでしょう。

匿名さん

投稿日:2017/05/18 08:04

遅出外回り業務のとき
聞いても情報とってないの?と怒られる、
聞かずにやれる範囲でやってると、報告してからしてと怒られる
やっぱり怒られても聞いてからするべきですよね・・・。
こういった方とうまく付き合う方法はないんでしょうか?

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/05/18 13:10

やってもやらなくてもどっちみち言われたらします。そうゆう人は色んなところにいるので、空返事をして気にしないのが1番です!

002 匿名さん

2017/05/18 13:16

聞いたときに情報が不足していて「情報とってないの?」と言われたのではないのでしょうか?
相談すると相談するなといって
相談しないと相談しないのはなぜか?
と言われる的な感じでしょうか

様はこちらの伝え方かも知れません
相手は何もわからずに業務をすることに対して怒っているのではないですか?
自分がどうしてその行動をとるか説明して報告するとよいのでは?
例えば優先順位を付けた理由やアセスメントに基づいてなど
わからないのに行動するのは絶対にやめたほうがいいです、医療事故も元
相手が忙しくて気が立っていたり、余裕がないときに矛盾する発言をすることに対しては対応に困りますが、
基本報告連絡は大事なので「聞く」のではなく、必要なことを考えて聞いてみてはどうでしょうか?

003 匿名さん

2017/05/18 14:04

>002 匿名さんさん

>> 相手は何もわからずに業務をすることに対して怒っているのではないですか?
>> 自分がどうしてその行動をとるか説明して報告するとよいのでは?
>> 例えば優先順位を付けた理由やアセスメントに基づいてなど
>> わからないのに行動するのは絶対にやめたほうがいいです、医療事故も元

ほんま。
患者の状態も把握していないのに、業務とばかりにやっつけ仕事されると迷惑極まりないし、危ない。

004 匿名さん

2017/05/19 08:54

新人さんのうちはそういうこと多いですよ。
私の時はひとまず報告してました。
言わない方がキツかったので。

005 匿名さん

2017/05/22 19:08

何も知らない、わからない、で業務をするより、わからない理由も相手に伝えるとちゃんと言わないといけないことなのか、相手も判断して返事をくれると思います。
ただ、言われてがっかりするよりも、次に根拠をもってその業務を行えるように、その先輩の言葉をバネに頑張る気持ちに変えるのも、ひとつの考え方かもしれません。今が一番辛いと思いますが、確実に一つ一つ身に付けられるように焦らないでするのがいいと思います。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

5件中 1~5件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

新人看護師 トピック一覧へ戻る

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
832
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
451
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
407
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2230

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!