看護師5年目で苦手な分野に移動。もう病院を変えようか悩んでいます。

匿名さん

投稿日:2017/04/20 13:50

看護師5年目で急性期病棟に所属しています。チームが2つにわかれており、重症や認知症など観察が必要な患者の1チームと、検査入院や癌末期など比較的しっかりした患者の2チームがあります。
看護師スタートは2チームでしたが、2年目になり勉強が必要と言われ、1チームに移動になりました。そこで重症患者の受け持ちに楽しさややりがいを覚え、急性期病棟ではあるもののACLSやICLSに参加しスキルアップに力を入れていました。もちろん病棟でも活用できていたと思います。
しかし、今年の3月から急に2チームに移動と師長から指示が出ました。移動して2ヵ月近く経ちますが、今まで積み重ねてきたものが活かせるものではなく、淡々と検査入院の患者をこなしたり癌末期の患者とのコミュニケーションが主な仕事になっています。
本来の看護師は2チームのように患者とコミュニケーションをとることだと思いますが、私は苦手です。認知症や寝たきりの患者など自分の症状を相手に伝えられない患者の身体アセスメントを行い治療につなげることがすきです。しかし、師長などベテラン看護師に、それは看護師ではない、自分を医者と勘違いしてないか?と言われました。
向き不向きだと思いますが、2チームに移動してから私は毎日やりがいを感じません。師長に相談しましたが、不機嫌になってしまうため、2チームで頑張りますと我慢しました。
最低限のコミュニケーション力もあると思いますし、自分のやりたい看護も決まっています。5年目になって苦手なことに順応しなければいけないでしょうか。私はこの1年2チームでコミュニケーション力や癌患者のことを学ぶ時間があるなら救急看護を学びたいと思っています。いっそのこと病院も変えようかとも思っています。

  • 前のページへ
  • 次のページへ

10件中 1~10件を表示

最初から20件

全コメントを見る

001 匿名さん

2017/04/20 14:03

コミュニケーション能力があるのなら、きちんと希望を伝えようね。まずは、それから。辞めたきゃ辞めたらいいんじゃない。
一生、半端もの。

002 匿名さん

2017/04/20 18:21

このサイトって意地悪な回答しか得られないから真面目に質問しても意味ないと思いますよ。あんた何様だよって感じのコメント多すぎ。
主さんが笑顔で働けないなら病院を変えるのも全然ありだと思います。転職に困らないのが国家資格の強み!病院によって全然雰囲気も方向性も違いますよ。

003 匿名さん

2017/04/20 21:00

いまだに「国家資格の強み」なんて、お気楽極楽とんぼな考えの人がいらっしゃるんですね。好きな分野、領域を希望するならスキルが必要。転職グセつくと昇給も退職金もダウン。ま、それを受け入れられる?

004 匿名さん

2017/04/20 21:23

>003 匿名さんさん
>> いまだに「国家資格の強み」なんて、お気楽極楽とんぼな考えの人がいらっしゃるんですね。好きな分野、領域を希望するならスキルが必要。転職グセつくと昇給も退職金もダウン。ま、それを受け入れられる?

私もこっち派。
看護師の生涯所得がひっくいのは、転職を繰り返して退職金はへるは基本給は最低からだわ中途だからボーナスも少ないから(でまた我慢ができなくなって辞めると)なのに、気にくわないから転職ねえ。他人の人生だからとうでもいいんだけど、私ら医者じゃないんだから、働く場所まで思い通りになると思ったら間違いだと思うわ

005 匿名さん

2017/04/20 21:41

コミュニケーションや癌看護は救急に生かせないと思っているんですか???

006 匿名さん

2017/04/20 22:06

救急認定看護師です。
5年目となると自分のキャリアプランなど色々と悩む時期ですよね。主さんはある程度これがやりたい!という方向性が見えているからこそ、現在のチームでの仕事を続けて良いのか悩んでいるのかなと思いました。
主さんの相談内容に

>認知症や寝たきりの患者など自分の症状を相手に伝えられない患者の身体アセスメントを行い治療につなげることがすきです。しかし、師長などベテラン看護師に、それは看護師ではない、自分を医者と勘違いしてないか?と言われました。

とあり、おそらくクリティカルケア/救急に興味があるのだと思います。これらの重症集中ケアや救急の"看護"って何でしょう。目の前の患者さんの状態を観察し、アセスメントすることはもちろん大切です。でも"それだけ"が重症集中ケア/救急の看護でしょうか?師長さんやベテラン看護師さんが伝えたかったことはこのあたりではないかと思います。重症集中ケア/救急看護を目指す為には主さんの視野に入っていない部分を学んでほしいのではと思いました。
現在の病院を今退職し、クリティカルな場に移るのもいいかもしれません。ただ、そこで主さんが患者さんにできる看護は何でしょう。自分自信としっかり向き合い、主さんが目指す看護が実現できるといいですね。長くてすみません。

007 匿名さん

2017/04/20 22:14

なぜ異動させたのか
『管理』ばかりに目がいってる、ってことを師長は伝えたかったんじゃない。学びなさいって。

008 匿名さん

2017/04/21 08:52

医者目線。な気がしますね。癌末期であろうと、BLSなどはとても役立ちますし、急性期で学んだものが生かされない?それこそ、看護ではなく、治療というのが一番に来てるのでは?5年目となると色々なことができ、知識が増えるから、尚更そういう傾向になる方もいるのかもしれません。でも、私達は看護師ですよ。移動させたのは、それを自分で気づいて欲しかったのだと思います。でも、どうしても嫌なら辞めれはいいですが、どこいっても同じかと。急性期の患者さんも色々なこと思っています。看護ではなく、治療という頭でコミュニケーションをとるのでは、心を開いてくれないのでは?

009 匿名さん

2017/04/21 11:18

だからこその異動だったんじゃないかなあっていう気はする。
5年目でもう自分の道が決まってる、っていうなら
外野が口出すことはないけれど
個人的には、違う畑で学ぶことも将来役に立つと思うんだけどなあ。

010 匿名さん

2017/04/21 13:35

わかります!!!学びたい分野があるのに、もどかしく感じますよね。自分も春から思い切って、やりたい、急性期に部署を変えました。ほんと、思い切った決断でしたけど、変えてよかったなって思えます!人生一度きり、いまのところから環境を変えるのも一つの手かなって思います!でも、末期の患者さん。検査入院の患者さんへの看護も学べるとこもたくさんあると思うので移動まではせっかくならそこを極めてもいいのかなって思います!偉そうなこと言ってすみません!

  • 前のページへ
  • 次のページへ

10件中 1~10件を表示

最初から20件

全コメントを見る

このトピックにコメント
ニックネーム

投稿内容

投稿内容を入力してください。

必須

(2000文字以内)

画像

挿入する画像を選択してください。

規約違反を通報する

職場・キャリア トピック一覧へ戻る

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1489
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
606
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
767
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
531
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
393
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
318
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1109

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!